Tips記事
» 2001年04月20日 00時00分 UPDATE

「MS ゴシック」と「MS P ゴシック」の違いは何?

[森川拓男,ITmedia]

 ExcelやWordなどWindows上のアプリケーションでフォント指定をする場合,リスト上に「MS ゴシック」と「MS P ゴシック」という一見すると違いが分かりづらいものがあるだろう。ここでは,2つのフォントの違いを説明しよう。「MS 明朝」と「MS P 明朝」も同じであるが,「P」はプロポーショナル(Proportional)を意味するものだ。

 プロポーショナルフォントは,例えば「i」,「l」などの文字幅の狭い文字と「m」,「w」などの比較的文字幅の広い文字が隣合わせになった場合,1つの文字ごとに間隔が自動調整されて,表示や印刷時に文字間が間延びしたような見栄えにならないものだ。

 通常のフォントでは,文字間隔が開きすぎたり,逆に詰まりすぎて見える傾向がある。そこで,それぞれの文字には文字ピッチ(幅)が設定されており,前述したように表示,印刷をする際に間隔調整されるのだ。これに対し,文字種に関係なく等しい幅で表示,印刷される通常のフォントは「等倍フォント」と呼ばれる。

 使用する文字が日本語のみの場合は,比較的等倍フォントでもほとんど問題はないだろう。しかし,アルファベットが混在する場合にはプロポーショナルフォントを利用したほうが,見栄えよく表示や印刷ができる。

画面
「MS ゴシック」は等倍フォントなので,半角,全角でそれぞれ同じピッチ(幅)で表示される

画面
対する「MS P ゴシック」はプロポーショナルフォントなので,文字ごとに適したピッチ(幅)が設定されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR