Tips記事
» 2003年01月31日 16時22分 UPDATE

よく使うフォルダをドライブ化したい

[森川拓男,ITmedia]

 よく使うフォルダは、そのフォルダへのショートカットキーを作っておけば簡単に開くことができるが、もっとも簡単に開くには、フォルダ自体を仮想ドライブ化すればいい。そうすれば、Internet Explorerのアドレスバーに仮想ドライブ名を入力するだけで、一発で開くことができるようになるのだ。

 フォルダを仮想ドライブとして扱うには、MS-DOSコマンドの「subst」を使う。コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを入力する。

  subst 仮想ドライブ名: フォルダ名

 この際、フォルダ名にスペースが含まれる場合は必ず半角の「"」(ダブルクォーテーション)で囲むことを忘れないようにしよう。ミスを防ぐために、あらかじめエクスプローラでそのフォルダを表示させておき、アドレスバーのフォルダアイコンをコマンドプロンプトの該当箇所にドラッグ&ドロップすれば、必要な場合は自動的に「"」が付いた形で入力されるので便利だ。

 なお、ここで設定した仮想ドライブを解除するには、

  subst 仮想ドライブ名: /D

 をコマンドプロンプトから実行すればいい。

030131-kasoufolder01.gif
コマンドプロンプトから、以下のコマンドを入力する。

  subst 仮想ドライブ名: フォルダ名

これで、仮想ドライブが設定される


030131-kasoufolder02.gif
仮想ドライブは、Internet Explorerのアドレスバーから入力しても、瞬時にフォルダを開けるので便利だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -