Tips記事
» 2003年02月14日 15時04分 UPDATE

アンインストールしたソフトが「プログラムの追加と削除」に残っている

[森川拓男,ITmedia]

 アンインストーラーが用意されているアプリケーションソフトをフォルダごと削除してしまった場合など、「プログラムの追加と削除」(Me以前は「アプリケーションの追加と削除」)のリスト内に、削除したはずのソフト名が残っている場合がある。これはアンインストールしたはずのソフトウェア情報がレジストリに残ってしまったためで、以下の手順で削除すれば、リストから表示を消せる。ただし、ソフト名の情報が残っているということは、ほかのレジストリ情報もそのままになっている可能性があるので、可能であれば一度再インストールしてから、正規の手順でアンインストールするが安全だ。

 また、直接にレジストリを操作するのが恐い場合は、「窓の手」などのツールを利用してもいいだろう。

030214-uninstall01.gif
レジストリエディタを起動して、以下のキーを開く
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\
CurrentVersion\Uninstall

030214-uninstall02.gif
ソフト名が並んでいるので、表示を消したいものを右クリックして「削除」を選択すればよい。レジストリエディタを終了したら再起動しよう

030214-uninstall03.gif
フリーウェアの「窓の手」などのツールを使えば、アンインストール情報を簡単に削除できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -