ニュース
» 2008年07月02日 00時00分 公開

IBM、「Excelより簡単」をうたうマッシュアップ製品発表エンドユーザーがWebアプリを開発可能に

[垣内郁栄,@IT]

 日本IBMは7月2日、社内外のデータをフィードに加工し、そのフィードを組み合わせて新しいWebアプリケーションを作成できるマッシュアップ製品「IBM Mashup Center V1.0」の出荷を開始したと発表した。IT部門に頼らずにエンドユーザー部門が簡単にWebアプリケーションを作成できるよう操作を簡単にしたのが特徴。日本IBMのソフトウェア事業 ロータス事業部長の澤田千尋氏は「場合によってはExcelよりも簡単だ」としている。

 Mashup CenterはWebブラウザベースで利用できるツール。コーディング不要で、簡単にWebアプリケーションを作成できる。Mashup Centerは「IBM InfoSphere MashupHub V1.0」と「IBM Lotus Mashups V1.0」の2製品で構成する。

日本IBMのソフトウェア事業 ロータス事業部長の澤田千尋氏
IBMのマッシュアップ製品

 Mashup Centerを利用するにはまず、情報システム部やITリテラシーの高いエンドユーザーが、MashupHubを使って社内外のデータをXML形式のフィードに加工し、マッシュアップ用の部品を作成する。データベースやレガシーなアプリケーション、グループウェア、LDAPから情報を取得できるアダプタが用意されていて、パイプをつなげることでREST対応の新たなフィードを作成できるようになっている。作成したフィードは部品として「カタログ」に登録する。

 エンドユーザーはMashupsを使ってカタログからフィードを読み込んで、ドラッグ&ドロップでWebアプリケーションを開発する。Googleガジェットなど外部のサービスを組み込むことも可能。IBMは組織図や評価、スキルなどのフィードを組み合わせて「プロジェクトメンバー策定アプリケーション」を開発する模様をデモンストレーションした。

「IBM Lotus Mashups V1.0」の利用画面

 澤田氏は「ユーザーが少なくニッチだが、特定のユーザーには価値が高いロングテール型のアプリケーションが今後は増えるだろう」と話し、「マッシュアップは第2のエンドユーザーコンピューティングになる」と強調した。IBMはマッシュアップの開発、実行基盤製品「WebSphere sMash V1.0」の日本語対応版も6月12日に発表していて、マッシュアップ製品の拡充に努めている。

 Mashup Centerは629万2000円(税別、100VU[Value Unit:機種別サーバ単位課金]の場合)から。または、20ユーザーで37万1800円から。Mashupsを単体で購入する場合は100VUで317万5000円から、または20ユーザーで18万7400円。MashupHubの単体購入は100VUで311万8000円から、または20ユーザーで18万4500円から。

 日本IBMは同日、ポータル構築ソフトウェアの新版「IBM WebSphere Portal 6.1」の日本語版も出荷開始した。Ajaxをサポートするなどユーザー・インターフェイスを改良した。価格は100VUで757万9000円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ