ニュース
» 2008年11月04日 00時00分 公開

「幸せな社員が顧客を幸せに」:グーグルも参考にしたSASキャンパスを見た

[垣内郁栄,@IT]

 「幸せな社員が顧客を幸せにする」。米SAS InstituteのCEO ジム・グッドナイト(Jim Goodnight)氏はこの考えを基に働きやすい環境の整備を30年来進めてきた。1976年の創業以来、増収増益を続け、非公開のソフトウェアベンダでは最大手だ。グーグルも参考にしたという米国ノースカロライナ州キャリーの本社キャンパス(Google マップへのリンク)には社員を幸せにする設備がたくさんそろっていた。

 SASがキャリーで本社の整備を始めたのは1978年。グッドナイト氏が土地を取得、山を切り開いてオフィスを建てていった。現在は421エーカー(1.7平方キロ)の土地に、24のビルが建つ。

 SASキャンパスで目立つのは福利厚生施設の充実だ。託児所は2個所あり、社員と社員の家族が利用できる。病院やプライベートスクール、ワークライフバランスの相談センター、それにサッカー場やプール、フィットネスジム、バスケットボールが可能な体育館などが用意されている。それぞれのオフィスビルは緑地に囲まれていて、クルマでの移動が必須。病院や学校、スポーツ施設を回っているとキャンパスが1つの街として機能していることが分かる。

SAS本社の入り口。空港からはクルマで15分程度。ここからさらに進まないとオフィスビルは見えてこない
キャンパス内の病院。手術設備はないが大半の治療は可能。平日昼間だがランニング、サイクリング中の社員を多く見かけた
25メートル四方のプール。社員の家族がエクササイズをしていた。トレーナーもSAS社員
バスケットボールやバレーができる体育館。多くの社員がプレー中
ビリヤード場。奥にはフィットネスジムがある。社員と社員の家族が無料で利用できる。近くヘアーサロンもできる

 これらの福利厚生施設でトレーナーとして働くのはSASの社員。一般的な企業なら外部企業に運営を任せるところをSASは社員が運営している。「ゲートセキュリティ担当以外はSAS社員」といい、開発担当者以外も手厚く扱っている。

 SASはプライベート企業のため、ストップオプションはない。しかし、FORTUNE誌の調査によると、ソフトウェアエンジニアへの年間の給与支払い額の平均は10万ドルを超える。同誌の調査では米国で24番目の高給だ。福利厚生と高給、働きやすい環境を反映してか年間の離職率は業界標準の20%を大きく下回る4%だ。

キャンパス内で最も大きなオフィスがR&Dセンター。1階はカフェテリアになっている。キャンパス内には4つのカフェテリアがある
キャンパスは整備前の地形、風景をうまく残しながら造成されている
プライベートジェットを2機保有。米国内だけでなく幹部の来日にも利用する
キャリーからラスベガスまで幹部の移動に同乗した。パイロット、キャビンアテンダントもSAS社員

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ