連載
» 2010年06月08日 12時00分 公開

いま育成すべきなのはアラフォー世代間違いだらけのIT人材育成(3)(2/3 ページ)

[井上実,@IT]

アラフォー世代に企業は何を期待すべきなのか

 40歳前後の「アラフォー世代」は働き盛り。管理職になれないからといって、企業の主力を担うことには変わりない。20?30歳代に蓄積した職務経験や、その間に身に付けた知識やスキルを基に、企業の業績に大きく貢献することを期待される年代である。

 では、企業はこの年代に何を期待すべきなのか。もし、いま企業内で不足している人材が、アラフォー世代の持つスキルにマッチしていれば、ベストな解となる。

 いま、「どのようなスキルを持ったIT人材が企業内では不足しているのか?」を、日本システムユーザー協会の調査から見てみる(図表4参照)

ALT (図表4)IT人材にいま必要とされている能力(クリックで拡大)
(出典)『第15回企業IT動向調査2009』(JUAS著、2009年4月14日、P69)

 これによると、IT部門の要員に大いに必要とされる能力として、「業務改善の提案」「IT戦略策定・IT企画」「IT投資案件のマネジメント」が上位に挙げられており、企業規模による差異も見られない。これは、いわゆる“超上流”を担当する能力を持った人材が不足しているということを示している。

 では、“超上流”を担当する人材には、どのようなスキルが必要とされるのだろうか。

 これを知るには、UISS(情報システムユーザースキル標準:Users' Information Systems Skill Standards)の機能・役割定義が便利である(図表5参照)

ALT (図表5)UISS機能・役割の定義(クリックで拡大)
(出典)『情報システムユーザースキル標準Ver2.1.』(IPA、JUAS、経済産業省著、2009年3月)

 UISSの機能・役割定義には、UISSタスクフレームワークで示されている各タスクを実施するときに必要なスキルが明確に示されている。その中から、該当する部分を洗い出して整理をすると、「コンサルティングスキル」「業務知識」「経営知識」の3つのスキル・知識に分けることができる(図表6参照)

ALT (図表6)企画に必要な3つのスキル

 さらに、コンサルティングスキルの中は、分析力、創造力、問題発見・解決能力や戦略立案能力などのコンセプチュアルスキルと、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、ネゴシエーション能力やファシリテーション能力などのヒューマンスキル、そして、IT戦略立案・企画立案方法論に分けることができる。

 業務知識は、基幹系の会計、販売・購買・在庫、生産管理、人事管理などに関する業務知識と、業界独特の業務知識に分けられる。

 経営知識は、経営戦略、マーケティング、アカウンティング、ファイナンス、人的資源管理の大きく5つに分けることができる。

 では、アラフォー世代はこれらのスキルを持っているのだろうか。すべてのスキル・知識を持っているとは言い難いが、若手社員に比較し、これらのスキル・知識を習得するのに有利な面がある。

 コンサルティングスキルの中のコンセプチュアルスキルは組織内の階層・年代が上位に上がれば上がるほど、必要とされる割合が多くなるスキルであると、ハーバード大学のロバート・カッツ(Robert L. Katz)は、1974年のハーバードビジネスレビューで発表した「Skills of an Effective Administrator」という論文の中で述べている(図表7参照)

ALT (図表7)ロバート・カッツのスキル論

 カッツは、企業で働く社員に必要とされるスキルを調査し、テクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルの3つのスキルが必要であること、ヒューマンスキルはどの階層・年代においても同じ割合で必要とされるが、コンセプチュアルスキルは階層・年代が上がれば上がるほど必要とされる割合が多くなること、テクニカルスキルは階層・年代が上がれば上がるほど必要とされる割合が少なくなってくることを発見している。

 従って、アラフォー世代は、若年層に比較してコンセプチュアルスキルを求められることが多く、身に付けている可能性が高い。

 また、ヒューマンスキルも若年層から求められるスキルのため、若年層同等レベル以上に持っている人が多いと思われる。もちろん、個人個人で積み上げてきた経験が異なるため、すべてのアラフォー世代の人が若年層と比較して、高いレベルのコンセプチュアルスキルやヒューマンスキルを持っているとはいえないが、身に付けている可能性は高い。

 業務知識に関しても、いままでの経験の中でいずれかの業務に関するシステム化を行っている可能性は高く、経験の少ない若年層と比較して業務知識を持っている人が多い可能性が高い。

 このように、アラフォー世代がすでに保持している可能性の高いスキルは「超上流を担当する人材に求められるスキル」に共通するものも多いため、コンサルティングスキル、業務知識、経営知識を身に付けるうえでは、若年者層よりも有利であるといえる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ