キーワード
» 2011年11月07日 00時00分 公開

ディシジョンカバレッジ(でぃしじょんかばれっじ)情報マネジメント用語辞典

decision coverage / 判定条件網羅 / C1カバレッジ

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 コードカバレッジの1つで、テスト対象となるプログラムコード内部の判定条件(ディシジョン)の可能なすべて結果(真偽)のうち、テストを実施した割合を示す。コード内のすべての判定条件について、判定結果(真の場合と偽の場合)がそれぞれ少なくとも1回は出力されるようにテストを設計する。

 ディシジョンカバレッジの達成基準は、与えられたプログラムのすべての入口と出口、可能なすべての判定結果を少なくとも1回テストすることと定義される。プログラムの条件判定に複数の条件文がある場合でも、条件判定の結果にのみ着目する。条件判定は真と偽の2つの結果を持つので、コード中の条件判定の総数×2を分母として、そのうちテスト実施(設計)したの数の総和を分子に計算を行うとディシジョンカバレッジ(%)が得られる。

 条件判定を平たくいうと、“女性客は水曜日に無料”という条件付き行為における「無料になる/ならない」の判定に当たり、判定の結果として「真(無料になる)」と「偽(無料にならない)」の両方の出力が得られれば、100%網羅となる。内容的にはブランチカバレッジと同じと考えてよい。

 ステートメントカバレッジに比べるとかなり厳しいカバレッジ基準で、必要なテストケースも増える。単体テストホワイトボックステストでは、「せめてディシジョンカバレッジ100%を目指すべき」とされることも多い。

参考文献

▼『ソフトウェアテスト実践ワークブック――効果的かつ効率的なテスト設計のために』 レックス・ブラック=著/成田光彰=訳/日経BP社/2007年1月(『Effective and Efficient Software Testing』の邦訳)

▼『基本から学ぶソフトウェアテスト――テストの「プロ」を目指す人のために』 セム・ケイナー、ジャック・フォーク、フン・クォック・グエン=著/テスト技術者交流会=訳/日経BP社/2001年11月(『Testing Computer Software, 2nd Edition』の邦訳)

▼『ソフトウェア・テストの技法〈第2版〉』 グレンフォード・J・マイヤーズ、トム・バジェット、テッド・M・トーマス、コーリー・サンドラー=著/長尾真=監訳/松尾正信=訳/近代科学社/2006年7月(『The Art of Software Testing: 2nd ed』の邦訳)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ