ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年12月27日 13時00分 公開

デジタルカメラ販売ランキング(12月11日〜17日):“エビちゃん”だけじゃない「FinePix Z5fd」

“エビちゃん”FinePix Z5fdがさらにランクアップ。女性向けのイメージが強い製品だが、「屈曲光学系を備えたスリムデジカメ」という側面があることも忘れてはならないだろう。

[渡邊宏,ITmedia]
順位 前回 メーカー名 型番 発売年月日 標準価格
1  1 キヤノン IXY DIGITAL 900 IS 2006/10/1 オープン
2  2 松下電器産業 DMC-FX07 2006/8/25 オープン
3  7 富士フイルム FINEPIX Z5FD 2006/12/1 オープン
4  4 ソニー DSC-T10 2006/8/25 オープン
5  3 カシオ計算機 EX-Z1000 2006/5/1 オープン
6  5 カシオ計算機 EX-Z700 2006/8/10 オープン
7  8 カシオ計算機 EX-Z600 2006/1/27 オープン
8  6 オリンパス FE-190 2006/9/8 オープン
9  11 オリンパス μ750 2006/8/31 オープン
10  9 ソニー DSC-W50 2006/9/8 オープン

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

 キヤノンの「IXY DIGITAL 900 IS」とパナソニックの「DMC-FX07」が先週と変わらずに1位と2位をキープ。ウィンタースポーツシーズンが近づいたためか、9位にはランク外から生活防水機能を備えた、オリンパスの「μ750」がランクインしている。

 全体的には動きの少ないランキングだが、躍進を見せているのが富士フイルムの「FinePix Z5fd」。人気モデルの蛯原友里さんを起用したPRが功を奏したか、先週の7位から3位にランクアップしている。

photo FinePix Z5fd

 そうなると、狙うは1位ということなるが、なかなかトップ2の壁は高そうだ。FinePix Z5fdの方が後発モデルということもあり、トータルでの機能面で決して見劣りするわけではない。しかし、採用機種の増えている光学式手ブレ補正と広角レンズは非搭載だ。メディアがxDピクチャーカードなのも、人にとってはマイナス要素になりうる。

 ただ、厚さ19.4ミリというスリムボディは、現在各社が販売しているカード型デジカメの中でもトップクラスの軽快さを提供してくれる。それに、屈曲光学系の搭載によって、ズーム(光学3倍)撮影時でもレンズが飛び出さないのはスマートだ。

 屈曲光学系を搭載した機種といえばコニカミノルタの「DiMAGE X」シリーズが有名だったが、同社はカメラ事業を終了してしまっている。現在ではFinePix Z5fdを除けば、ソニーの「サイバーショット T」シリーズ、オリンパスの「μ」シリーズの一部、ニコンの「COOLPIX」シリーズの1部で採用しているぐらいか。

 スリムボディと高倍率の光学レンズを両立可能なほか、電源オン時にレンズ駆動がいらないために高速起動が可能と、一部のユーザーからは人気の屈曲光学系だが、どうしても構造は複雑になり、コスト増につながる。そのため採用例はさほど多くない。

 そうした意味からすると、FinePix Z5fdには「最新の屈曲光学系搭載デジカメ」という側面があることも浮かび上がってくる。エビちゃんだけではないのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.