ニュース
» 2007年04月25日 11時49分 公開

カリフォルニアへのVC投資額、全米の半分が集中

雇用や給与レベルなどの統計から、カリフォルニア州が米国のハイテク業界をリードしている様子がうかがえる。

[ITmedia]

 米テクノロジー業界団体のAeAが4月24日、米国のハイテク業界の雇用や給与などの傾向を、国および州レベルでまとめた報告書を発表した。労働者数、雇用の伸び、平均給与などでカリフォルニア州が1位を占め、同州のハイテク業界がバブル崩壊から復活、米国をリードしている様子がうかがえる。

 報告によると、カリフォルニア州では2005年に、2000年のハイテクバブル崩壊以降、初めて実質雇用者数が増加に転じ、全米で最も多い実質1万4400人分の雇用が生み出された。また、同州のこの年のハイテク業界の労働者数は91万9300人に上り、この数字も全米首位。給与面では、同州のハイテク業界の平均給与は9万5300ドルで、全米で最も高くなっている。

 また、ベンチャーキャピタルによる投資額も、カリフォルニア州が他州をリード。2006年の同州内での投資額は、米国全体の48%を占める122億ドルに上ったという。研究開発費についても、同州内の投資額は米国トップの605億ドル(2004年)に達している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -