ニュース
» 2007年07月25日 10時05分 公開

世界の個人向けストレージ市場、2011年には倍に――IDC調査

中小企業と個人需要の増大で、世界の個人向けストレージ市場は急成長する見通しだ。

[ITmedia]

 中小企業や一般個人によるデータ保護、バックアップ需要にけん引され、世界の個人向けストレージ市場は2006年に約70%伸び、2007年には30%成長する見通し――調査会社IDCが7月23日、調査結果をまとめた。

 IDCによると、同市場は2006年から2011年にかけて年平均成長率(CAGR)20%以上で成長する見通しという。

 一般個人および中小企業のユーザーは、ストレージに容量と使いやすさを求めるため、3.5インチ型やUSBドライブが今後も主流となりそうだ。一方、携帯性も重視されるため、さらに小型のモデルも一定の市場シェアを占めるとみられる。接続方式としては、USB以外ではイーサネット対応が人気となるとIDCはみる。また購入の際、ブランドも重要な判断基準となるとしている。

関連キーワード

ハードディスク | ストレージ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -