ニュース
» 2007年08月01日 08時36分 公開

米オンライン消費額、小売り関連は23%増――米調査

米国の4〜6月期のオンライン消費額で最も伸びているのはビデオゲーム関連の159%増だった。

[ITmedia]

 調査会社の米comScoreは7月30日、米国のオンライン消費額についての統計を発表した。第2四半期(4〜6月期)の消費額は前年同期比19%増の475億ドルで、うち旅行関連が同14%増の203億ドル、旅行関連以外の小売業は272億ドルで、前年同期を23%上回った。

 前年同期からの伸び率をカテゴリー別に見ると、最も伸びているのはビデオゲーム関連(ゲーム機・ソフト含む)で159%増。任天堂のWiiなどの好調な売り上げが影響した。続いてスポーツ&フィットネス関連で58%増、家電(PC周辺機器除く)の51%増となっている。

 comScoreでは、2007年通期での米国のオンライン消費額は2000億ドルに達し、2006年の1708億ドルを上回るとみている。

関連キーワード

ネットショップ | Wii


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -