コラム
» 2009年07月27日 11時00分 UPDATE

上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:なぜブログは炎上するのか? “嫌いな人が好き”の論理 (2/2)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

憧れと愛情の裏返し

上杉 人のブログにゴチャゴチャ書くというのは、やはり暇な人が多いのでしょう。あとはブログを書いている人が気になるから、コメントをつけているのかも。

ちきりん 野球でいうと巨人は嫌いなのに、毎晩、テレビで巨人戦を見ている――。そんな人が人がブログにコメントをつけているのかもしれませんね。

 例えば私のブログの場合でいうと、毎日のようにネガティブなコメントをつける人がいます。しかもブログをアップした1時間後には、もうコメントがついていたり。この人はある意味、一番のファンかもしれないですね(笑)。

上杉 きっと“嫌いな人が好き”なんですよ。僕のブログにコメントをつけるという人は、「上杉隆のファン」だと思っていますから(笑)。本当に嫌いだったら、わざわざその人のブログなんて読まないですよ。だからブログに批判的なことを書く人はファンなので、大切にしなければいけませんね。

ちきりん アンチ巨人という人はいますが、アンチ楽天とかは聞いたことがない。それは巨人が圧倒的に人気があるから。巨人が大好きだからネガティブな感情になるのかもしれませんね。

上杉 アンチ自民党はいても、アンチ少数派政党という人なんて聞いたことがない(笑)。

ちきりん 確かにそうですね(笑)。強すぎる人・組織・団体に対し、アンチが生まれますが、そうでなければアンチは生まれないということですね。

上杉 憧れと愛情の裏返しですよ、きっと……。

ちきりん だからよけいに恐い部分もあったりして……。例えばビートルズのジョン・レノンが殺されたように。(続く

 →そもそもこの国で……「記者クラブ問題が存在しない」理由 (4回目)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間