コラム
» 2009年08月07日 11時00分 UPDATE

上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:今だからこそ、総理大臣には「ホリエモン」……その理由は? (2/2)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

世の中には2種類の人間がいる

ちきりん 私は世の中には、2種類の人間がいると思っているのです。例えば「このチーズがおいしい」といって、毎回同じチーズケーキを食べる人。もう1つは「こんなにチーズケーキがおいしいということは、この店のアップルパイもおいしいかもしれない」と思う人。いつも同じものばかり食べる人と、そこから広げていく人とは“違い”があると思う。

 私の場合、チーズケーキがおいしければ、次にアップルパイを食べようとするタイプ。どちらがいいとか悪いとかはないが、アップルパイを食べようとする人はチャレンジ精神があるのでは。

上杉 麻生総理の場合で言うと、チーズケーキばかり食べるタイプ。だって同じホテルのバーばかりに行っているから(笑)。

yd_asou.jpg 2008年9月19日、日本外国特派員協会にて

ちきりん 「ホテルのバーは高い」という人がいますけど、基本的には安全。ぼったくることはないし、一定の客層しかいない。そういう意味で、麻生さんは最も安全な所にしか行っていない。まさにチーズケーキばかり食べるタイプ。

 私が政治に興味を持ったのは、政治には独特の“ぐちゃぐちゃさ”があるから。ビジネスの世界だと論理的に計算して物事が進んでいくけれども、政治の世界は必ずしも正しいことを選んでいない。論理が全く通用しないのが政治。論理が通用しないということは、人間のエゴが出てしまう……そこが面白いのだと思いますね。

上杉 やっぱりちきりんさんは、“お祭り好き”ですね。

ちきりん おいしいと思ったチーズケーキをいつも食べている人は、決まった通りに動かないと「不安」に感じるのかもしれない。人生が何歳で終わりということが決まっていれば、逆算して「これもしなくちゃ、あれもしなくちゃ」と思うかもしれない。だけど人生はどこまで生きられるのか分からないところに、面白さがあると思いますよね。(続く

 →テレビに出演して分かったこと……それは“見えない空気”という圧力

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -