速報
» 2009年10月21日 08時25分 公開

芳しくない住宅指標や利益確定売りに押されて軟調清水洋介の「日々是相場」朝刊(2/2 ページ)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]
前のページへ 1|2       

本日の注目銘柄

ハイテク銘柄などの買い直しに期待

パナ電工(6991) 1179 △20

 パナソニック(6752)の空気清浄機などに発生装置を搭載している帯電微粒子「ナノイー」に新型インフルエンザウイルスの感染力を99%抑制する効果があることを実験で確認した。

富士通(6702) 595 ▼3

 ネットワーク経由の「クラウドコンピューティング」方式で企業の新型インフルエンザ対策用の情報システムを提供する。緊急性の高い新型インフルエンザ対策には、課金制で柔軟にシステムを運用構築できるクラウドコンピューティング方式が向くと判断した。

シークス(7613) 920 ▼34 、 FDK(6955) 121 ▼1

 シークスはFDKの液晶パネル向けのモジュール(複合部品)事業を買収することで合意した。中国と台湾の計2拠点をEMS(電子機器受託製造サービス)で活用するほか、開発ノウハウの取り込みを狙う。

月島機(6332) 566 ▼1

 フィルム素材の表面に極薄被膜を安定的に形成する装置を開発した。有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)用フィルムの成膜などに応用できる。年内に販売を本格化し、電子素材メーカーに売り込む。

タカラトミー(7867) 730 ▼5

 2010年4月に卸子会社2社を合併させ、主要メーカーの商品を全て扱う体制を整える。業務効率を高めると同時にスーパーなど小売りへの影響力を強める。

メイコー(6787) 1790 ±0

 液晶テレビの光源や家庭用照明などに使う発光ダイオード(LED)向けプリント基板の生産に乗り出す。省エネ志向の高まりなどで、消費電力の抑制に繋がるLEDを使った家電製品の需要が伸びていることに対応する。

外国人売買動向(外資系10社ベース)

売り  2040万株

買い  2680万株

(金額ベースも買い越し)

清水洋介氏のプロフィール

慶應義塾大学法学部卒。1983年に大和證券に入社、以来、マネックス証券などを経て現在リテラ・クレア証券で相場情報などに携わっている。営業やディーラーの経験を基に、より実戦に近い形でのテクニカル分析、市場分析に精通している。日本証券アナリスト協会検定会員、日本テクニカル協会会員。著書に『江戸の賢人に学ぶ相場の「極意」 』 (パンローリング)、『儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ社)。清水洋介の「株式投資の羅針盤


※掲載されている内容は、コメント作成時における筆者の見解・予測であり、有価証券の価格の上昇または下落について断定的判断を提供するものではありません。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -