コラム
» 2010年01月22日 08時00分 公開

会社や上司は守ってくれない……職場で生き残る方法吉田典史の時事日想(3/3 ページ)

[吉田典史,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

会社内での社会性が必要

 つまり、会社員でありながら個人事業主の発想なのだ。これでは、職場でうまくいかないだろう。そして下田氏の助言は、職場でのアピールの仕方にも及んだ。

 「何か提案をするときは、あらかじめキーマンの意見を聞いておくことも大切です。いいアドバイスを期待できない上司ならば、なおさらです。このような上司は事前に意見を求められたということで、その部下に良い印象を持つ傾向があります。また、社内で影響力を持つ人に自分の企画を支持するようにも仕向けたいですね。そのためには、事前にその人の意見や考えをうかがっておいて、それらを企画に盛り込むようにするべきです。そうすれば、その人は支持せざるを得ないでしょう」

 そして、最後にこう述べた。

 「素晴らしい能力を持っていても、組織における社会性を欠いていると、才能を発揮して活躍することは難しいです。周囲と良好な関係を作ることができれば、その人の職務遂行能力などが低くとも、成功を得る可能性は高まるのではないかと思います」

 前回と今回――2回に渡って20〜30代の人が職場で早く認められる技術について紹介した。取材の最中、私も会社員のころを思い起こし、反省することが多かった。読者はどのような思いになっただろうか。

 →「文系・大卒・30歳以上」がクビにならないために……会社で生き残る方法

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -