ニュース
» 2010年03月29日 18時38分 公開

マクドナルド、アメリカの次は“和の味”で勝負――てりたまモチモチとゴマえびフィレオ (2/2)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

 第3弾は昨年人気だった「チキンタツタ」が再登場。チキンタツタの味は変えておらず、価格は300〜320円。5月中旬から6月下旬に販売する。

 次々に新商品を繰り出し、消費者の関心を引き寄せるマクドナルド。今年1月からスタートした「Big America」シリーズでは、4種類のバーガーを売り出し、既存店の売上高は2カ月連続でプラスとなった。また2月の業績を見ると、お客1人当たりの使う単価は対前年同月比5.7%増、客数も同3.2%増加した。2009年8月から6カ月連続で客単価が前年を割り込んだマクドナルドだが、Big America効果でピンチを脱出した格好だ。今回の日本の味では、定番商品を“進化”させることで、消費者の購買意欲を刺激させていく考えだ。

写真左から、NEW ゴマえびフィレオ ごまごまバンズ、NEW てりたま モチモチバンズ、チキンタツタ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -