ニュース
» 2010年10月14日 19時54分 公開

2010年も伊勢丹新宿店がデザインタイドトーキョーに(2/3 ページ)

[草野恵子,エキサイトイズム]
エキサイトイズム
エキサイトイズム ビリー・ビーズ(アーティスト/アメリカ)
エキサイトイズム ロールセリニャック(食器ブランド/フランス)

 さらには、世界中からコレクションしたヴィンテージ貯金箱が紹介されるコーナーも展開予定となっている。

 さらに、この企画と連動して、本館1階のショーウィンドウや店内各所で愛らしいブタをテーマとしたディスプレイが10月20日から先頭を切ってスタートする予定だ。「CHARM LAND」というテーマに、「子どもたちが無邪気に幸福感をあらわせる場所」というイメージを重ね合わせ、子どもたちと一緒にショーウィンドウのビジュアルを作り上げるという非常にめずらしい試み。

エキサイトイズム 完成イメージ

 エキサイトイズム取材班は、ワークショップを全編密着取材。子どもたちの奮闘の様子はムービーでご覧頂こう。

 ワークショップに参加したのは、4歳から小学生の子どもたち。合計3回にわたって行われたワークショップでは、それぞれに綿密なプログラムが用意されていた。ブタを想像しながら絵を描き、その後、実際にブタに触れ合ってから、再度、ブタの絵を描いてみる。そして、ブタの貯金箱が冒険するというオリジナルのストーリーを一緒に読んでイメージをふくらませ、ストーリーに登場するモチーフを思い思いに描いて、みんなで大きな絵本を完成させた。

 さらに、アーティストのSHOHEI TAKASAKI氏を講師として迎え、ブタの貯金箱を一緒にデコレーションしていくという3回目。どのプログラムでも、大人の想像をはるかに超えるイキイキとした感性で、自由に創造力をはたらかせる子どもたちの姿をたくさん見ることができた。取材班も仕事をちょっと忘れて、一緒に絵を描きたくなるような楽しいワークショップの成果は10月20日から伊勢丹新宿店のショーウィンドウで見ることができる。

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -