コラム
» 2010年11月12日 08時00分 公開

吉田典史の時事日想:20代の若者が、“心のキレイ”な人を食い物にしている (3/3)

[吉田典史,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

 この男性は28歳。会社員経験はわずか5年。こういう人がいることを知ると、20代を「心のキレイな人たち」とくくることに無理があるのかもしれない。実はこれに近いことを話す若い経営者やその予備軍(起業を考えている人)がここ数年、私が取材で知り合う人の中で増えている。

 例えば「中高年が若者を搾取している」と、20代にとって耳触りのいい言葉を持ち出しつつ、実はその世代を搾取しようとする輩である。50〜60代の傲慢な経営者をしのぐしたたかさであり、ずる賢さを兼ね備えていると私には見える。その意味では将来、有望な経営者といえるのかもしれない。

 竹井さんは、今後もNPOなど社会起業に取り組む若者は増え続けると見ている。また、今の高校生は大学生以上に熱心だという。この純真無垢(むく)な人たちを食い物にしようとする、若者がいることに注意すべきだろう。

 竹井さんは最後にこう話してくれた。

 「心のキレイな人たちが持続可能な活動を行うためには、まっとうな報酬が必要。欧米のNPOでは当たり前の理屈だ。日本の社会もこのことを理解する必要がある」と。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -