コラム
» 2010年12月30日 08時00分 公開

タワーマンションに暮らすということ憧れのライフスタイル(3/3 ページ)

[MAJOR7]
MAJOR7
前のページへ 1|2|3       

休日はジムでたっぷり汗を流してリフレッシュ

 健康には気を遣っているつもりだけれど、忙しくてジムに通う時間がない。そんな悩みをもつビジネスマンは少なくないはず。共有スペースにジムがあるタワーマンションなら、いままで三日坊主だったトレーニングも続けられそう。

MAJOR7
MAJOR7

 自然光がたっぷりと入る空間で、思う存分走って汗を流す、ゴルフのスコアをあげるために筋力トレーニングするなど、目的に合わせて使い分けられる。トレーニングが終わったら、スパでリラックスするのも良し、自室でくつろぐのも良し。健康的な生活をバックアップする施設が充実しているのが嬉しい。

 ここがワンランク上の住まいだということをあらためて実感させてくれる、居住者のためのプール。わざわざ外に出かける必要もなく、自分のスケジュールに合わせて使える自由は、多忙なビジネスマンにとっては最高の贅沢だ。健康のために泳ぐ習慣を持つのもいいし、リラックスするために歩くだけでもいい。プールサイドのベッドでゆっくりお気に入りの小説を読めば、格好のリラクゼーションタイムになりそう。

最上階のバーで楽しむ、くつろぎのひととき

 外に出かける気は起きないし、だからといって家でお酒を飲む気分でもない。そんなとき、タワーマンションにプライベートなバーがあれば、心おきなくゆったりとした時間を過ごすことができる。夜景を眺めながら1人スコッチを飲む。カウンターで、バーテンダーと会話を楽しみながら、おすすめのカクテルを味わうなど、その日の気分で使い分けられる。

MAJOR7
MAJOR7

 ホテルのラウンジやバーを思わせる空間は、クライアントを招いてのカジュアルなミーティングに使ってもいい。日常の中にある“非日常感”――そのほんの少しの気分の切り替えで、暮らしはどこまでも豊かになっていく。

 特別な日に、お気に入りのワインをオーダーして、大切な人と楽しむ。気心の知れた場所だからこそ可能なサービスがある。重厚かつモダンなデザインのカウンターのぬくもりが心を溶け合わせ、2人の仲を親密にしてくれそう。

編集後記

 家を購入するなら絶対にマンション、と決めています。究極の憧れは、やはりタワーマンション。窓やベランダからの眺望はもちろん、至れり尽くせりの共用施設などに惹かれ、さまざまなタワーマンションのWebサイトをのぞいてはうっとりすることもしばしばです。

 今回の撮影はスタジオではなく、タワーマンションで行いました。実はタワーマンションに足を踏み入れるのは初めてで、撮影場所となった豪華なエントランスや、すみずみまで住みやすさの配慮がなされている居室、あらゆるニーズに応えてくれる共用施設の充実ぶりに感動。あらためてタワーマンションに住むことの快適さと、それが意味するステイタスを実感しました。【撮影協力:Brillia Mare有明】


MAJOR7とは

MAJOR7(メジャーセブン)は、マンションデベロッパー大手8社(住友不動産、大京、東急不動産、東京建物、藤和不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所)が運営する新築マンションポータルサイトです。新築マンション販売情報とマンション選びに役立つさまざまな関連情報を提供しています。2000年4月開設。

MAJOR7

※この記事は、MAJOR7で2009年3月31日に公開されたものを転載しています。


前のページへ 1|2|3       

Copyright(C) 2011 Major7. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -