Special
» 2011年12月19日 11時00分 公開

ラストサムライ39歳、ロゼッタストーン トターレで英語学習に挑むひょんなことから英語を勉強することになりました(6/9 ページ)

[PR/Business Media 誠]
PR

 私、スギモトはアイティメディアで企画営業を行う男性(そろそろ)39歳「誠世代」のサラリーマン。仕事は結構デキるほうと自負していますが、英語だけは避けて生きてきました。そう、私は日本大好き。海外になんか行ったことはありません。日本人なんだもの、日本にいれば生きていけるじゃないですか……。

 しかし最近、最愛の嫁が「パスポートの期限が切れるので海外旅行に行こう」と言いだしました。海外なんて行きたくない。というか、英語が話せない。「英語に抵抗があるんだよね〜」とうっかり会社で話していたら、この企画の“人柱”になることが決定。ロゼッタストーンなる英会話学習ソフトを使い、英語を勉強することになってしまいました。

 「ほかの英語学習法とは違う」「効果が実感できなかったら、30日以内なら返品OK」と、えらく自信満々なこのソフト。本当に英語が話せるようになるのか? 外国人恐怖症は克服されるのか? 本連載では、39歳ラストサムライ・スギモトの挑戦を長期レポートします。


 みなさま、大変お久しぶりでございます! 3カ月ほど更新が空きましたが、流行に乗ってゲットしたスマートフォンにかぶれていたワケではございませんぞ! いい年をしたおっさんになったとはいっても、最先端の“がじぇっと”なるものに触れたい時があるのです……。

 もちろん、英語の勉強は少しずつですが続けていますので、よろしければ私のTwitterアカウントをフォローして見てください!(スマートフォンを買って喜ぶツイートは見逃していただけると)。

誠侍、同僚にiPadを奪われる

 さて、10月にはiPhone4Sが発売され、スマートフォン人口もさらに増えたのではないだろうか? 最近は、スマートフォンより大きめのタブレット端末を持っている人を目にする機会も多くなっている。

 実は私が勤務しているアイティメディア、全社員がiPadを支給されているのである! 営業という仕事柄、さまざまな会社を訪問するのだが、アイティメディア以外にも同じことをしている企業は結構多いようだ。私も支給されたiPad(残念ながらiPad2ではない!)を活用し、休憩時間中にロゼッタストーン『TOTALe Companion HD』で勉強することも。

 そんなある日、私が緑茶片手に優雅に勉強していると、近くの席に座る1児の母、Kさんがのぞきこんでくる。何か居心地が悪かったのでiPadを渡すと……「私、英語得意だったからね!」と自信ありげにレッスンを始める。

先輩として使い方を教えてあげよう!

 しかし、最初は自信満々な表情だったものの、「women」の発音を聞いて戸惑うKさん。くっくっく、ネイティブの発音は日本人の発音とは異なるのだよ。ザ○とは違うのだよ、○クとは!

 ……そんな優越感を覚えていたのも束の間、だんだんエンジンがかかってきたようで、どんどん先に進んでいく。彼女の場合、もっと高いレベルから始める必要がありそうだ。

こうかしら

 熱心に取り組むKさん。ふむふむ、いいことじゃのう!

 ピッ、「発音」。

 ふむふむ(笑顔)。

 ピッ、「語彙」。

 ふむふむ……。

 ピッ、「文法」。

 ほむほむ!?

 ピッ、「会話」。

 ……そろそろ返してほしいぞ。

 きりがないので、「お子さんの英才教育にも使えるから、自分で買いなされ!」と言って、無理やり取り上げることにした。危ない危ない。

か、返して〜

 しばらくして、風のうわさでKさんがロゼッタストーンをゲットしたらしいと聞いた。どうやらまた1人「ロゼッタ人」を作ってしまったようだ……生まれたばかりの彼女の子どもがロゼッタ人となる日も近いかもしれない。

 ようやくスマホデビューして調子に乗っている私だが、私の挑戦はまだまだ続く。

ロゼッタストーン購入のご案内

 ロゼッタストーンは、レベル別でご購入いただくことができます。

 効果が実感できなかった場合、ご購入後30日以内なら開封していても返品が可能です(ロゼッタストーン・ジャパンからの直接販売によるCD版に限ります)。

 →詳細はこちらから

 →購入はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:Business Media 誠 編集部/掲載内容有効期限:2012年6月30日