速報
» 2011年03月03日 08時42分 公開

原油高を嫌気して堅調だが上値も重い清水洋介の「日々是相場」朝刊(2/2 ページ)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]
前のページへ 1|2       

テクニカルポイント

 10500円前後が節目となっており、この水準でサポートされるのかどうかと言うところです。この水準を割り込むと10400円台前半が下値目処となるのでしょう。上値は10500円台後半で、その水準を抜けると10600円台半ばまで戻るのだと思います。

本日の注目点

◇10−12月期の法人企業統計調査(財務省、8:50)

◇対外・対内証券売買契約〔週間、指定報告機関ベース〕(財務省、8:50)

◇2月の景気動向調査(帝国データ、13:30)

◇東証マザーズ上場:駅探(3646)

◇カルビー(2229)の公募・売り出し価格決定

◇2月の米小売り各社の既存店売上高

◇2月のISM非製造業景況感指数

◇10−12月期の米労働生産性指数(改定値)

◇米新規失業保険申請件数(週間)

◇欧州中央銀行(ECB)理事会(フランクフルト)

◇10−12月期のブラジル国内総生産(GDP)

◇海外11−1月期決算:米マーベル・テクノロジー

◇海外10−12月期決算:独コンチネンタル、米アンハイザー・ブッシュインベブ

外国人売買動向(外資系10社ベース)

売り  1830万株

買い  1350万株

(金額ベースは買い越し)

清水洋介氏のプロフィール

慶應義塾大学法学部卒。1983年に大和證券に入社、以来、マネックス証券などを経て現在リテラ・クレア証券で相場情報などに携わっている。営業やディーラーの経験を基に、より実戦に近い形でのテクニカル分析、市場分析に精通している。日本証券アナリスト協会検定会員、日本テクニカル協会会員。著書に『江戸の賢人に学ぶ相場の「極意」 』 (パンローリング)、『儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ社)。清水洋介の「株式投資の羅針盤


※掲載されている内容は、コメント作成時における筆者の見解・予測であり、有価証券の価格の上昇または下落について断定的判断を提供するものではありません。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -