コラム
» 2011年03月17日 08時00分 公開

忘れられない“わたしの小さな地下街”たち郷好文の“うふふ”マーケティング(3/3 ページ)

[郷好文,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

「わたしの地下街」を支えよう

 通り過ぎることができない小さな地下街、イチオシは「万世橋駅」だ。

 地下鉄万世橋駅は1930年に開業、翌1931年に神田駅の開業とともに閉鎖。地下工事をするための臨時駅だった。駅跡は末広町南端からほのかに見えるそうだ。そこに地下と言うより高架下に残る“穴倉”のような店舗が残る。国鉄の万世橋駅(1943年営業停止)の施設、万かつサンドやラジオガァデンのような電気設備店などだ。

 万かつサンド店を1人で切り盛りする女性従業員のキリリとした作業姿も好きだ。肉の万世の本店ビルはこの向かいにある。

 どんなに小さくてもいい、「わたしの地下街」を大切にしませんか。小さなお店のお客になりませんか。その体験をブログやフェイスブックで共有しよう。小さな地下街を廃れる文化遺産とせずに、商業として成立させ続けるために。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -