コラム
» 2011年05月20日 08時00分 公開

20代に戻ったら? 女性のココを見ますね既婚男性が、今から婚活するとしたら(2/5 ページ)

[中山順司,Business Media 誠]

20代の独身男子になる設定

近藤さん(仮名)のプロフィール

年齢:56歳(男性)

職業:会社経営者

結婚歴:28年

家族構成:妻、2人娘(27歳と25歳)の4人家族


中山:近藤さんは、すでに成人した娘さんが2人いらっしゃって、婚歴は28年になるんですね。

近藤:ええ、どちらも立派な社会人ですね。後は2人の結婚を見届けるだけといったところです。

中山:娘さんを送り出すとなると、やっぱり父として心穏やかではないのでは?

近藤:まあ、思うところはままありますが、本人が幸せになってくれることが一番。特にあれこれは言うつもりはないですよ。

中山:今日は、近藤さんの28年の結婚歴を振り返っていただきつつ、いろいろとお考えを聞かせていただきます。さっそく本題ですが、今日のテーマは、「もし自分が20代の若者に若返ってしまったら、どんな恋愛や婚活を実践するか?」です。

近藤:僕が20代だった30数年前にタイムスリップするのではなく、2011年の現代に若返るという設定ですね?

中山:そうです。時代は変わらず、自分だけが20代の独身男子になる設定です。なお、ご自身の56年間の結婚の経験や知識はそのまま引き継いでいる設定でお願いします。あと、独身なので、今の奥さんとお子さんは、ちょっと忘れてくださいね。

近藤:脳ミソは56歳のまま、身体だけ若くなったということですね。ちょっとSFっぽいですが、了解です。

今どきの若者とさほど行動の差はない?

女性と出会うために、携帯電話などを利用するという(写真と本文は関係ありません)

中山:では、まずそもそもの出会いがないと始まらないですが、どんなアクションを起こしますか?

近藤:ふつうに今どきの若者がやることをしますね。合コンもいいし、趣味の集まりとかもいい。肩肘はって恋人探すぞ! という感じではなく、まずはたくさんの異性と交流したいかな、と。今ならインターネットや携帯電話もあるから、そういったテクノロジーもフル活用します。

中山:アプローチは他の若者となんら変わりはない印象ですね。

近藤:変わらないですね。使えるモノは使うべきだし、それに抗うのも意味がないですよね? せっかく若返ったのだから、いろんな人との出会いをしたいじゃないですか。それにしても、今の若い子は携帯電話があって、うらやましいですよ。僕が若かった時は、ドキドキしながら自宅に電話をかけて、ご両親に取り次いでもらうしかなかったから。

中山:その緊張感も、今となってはいい思い出、でしょうか。

近藤:でもやっぱり現代は、異性と接点を持つのがすごく簡単になったと思いますよ。出会い系サイトとか、ネットを使っての恋愛、見合いサービスも多種多様化しているし……。

中山:そういうサービスを利用したいと思います?

近藤:どうでしょうね……。20代で若いから、真っ先には利用しない気がします。まずは自分の努力から始めると思います。

中山:それは、インターネットを信用していないという意味ですか?

近藤:いや、そうではないです。ただ、順序としては、まずは合コン、飲み会、趣味のオフ会のようなプライベートの会合に積極的に参加するのが先になりますよね。直接会って話したり、相性やフィーリングを確かめあうのが性に合っているんです。それと、友人経由だと、それなりに信用性も担保されているというか、安心して接することができるのも大きい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -