連載
» 2012年01月19日 08時02分 公開

「従軍慰安婦」抗議からみえる、日本で起きるデモの「未来」(後編)ニッポンの紛争地帯をゆく(5/5 ページ)

[窪田順生,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

「市民」の怒りを警察は鎮めることができるか?

 今回の取材でよく分かったのは、日本の警察は政治結社や左翼などにはそれなりに対応してきたが、「市民」の鎮圧には慣れていないということだ。

 私に向かって怒声を浴びせた「人間の鎖」の人、警官隊にもみくちゃにされた「在特会」の人、どちらの「市民」も激しい怒りを抱いている。

 そして、それは「偏向メディア」によってさらに増幅される。「人間の鎖」のみなさんや「従軍慰安婦」はマイクを向けられてたが、保守系市民の主張はやはりマスコミはスルーしがちだ。そんな不平等さは、さらなる怒りを生む。

 間違いなく2012年、「市民」たちの怒りはさらに膨張する。果たして、それを日本の治安組織は鎮めることができるのか。

 桜井会長が言うように「死人が出る」ような抗議デモが起きてしまうのも、もう時間の問題かもしれない。

 →「従軍慰安婦」抗議からみえる、日本で起きるデモの「未来」(前編)

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -