コラム
» 2014年09月12日 07時00分 公開

「イオニスト」と「ららぽーたー」を比較してみた消費者理解コトハジメ(2/3 ページ)

[大久保惠司,Business Media 誠]
誠ブログ

「イオニスト」と「ららぽーたー」

 「イオンモール」によく行っていると答えた女性は2572人いました。この人たちを「イオニスト」とします。また「ららぽーと」によく行っていると答えた女性は736人で、この人たちを「ららぽーたー」としましょう。当然「イオンモール」の方が店舗数が多いので、3倍以上の人数になります。

 まず「イオニスト」のサマリーから見ていきましょう。女性全体と比較してみると、やや若く、既婚率、有子率ともにやや高めです。平均世帯年収は女性全体の平均に近い584万円です。「買い物をするのは楽しい」と感じており、「多くの人が訪れる話題のスポットなどへ出かけるのが好き」な人たちです。目指すセルフイメージは「かわいい」「柔軟な」などが高くなっています。ショッピングモールが大好きで、自動車への関心が高いのも特徴です。

 一方の「ららぽーたー」のサマリーを見てみると、こちらも女性全体と比較し、やや若く、既婚率と有子率ともに高くなっています。こちらの平均世帯年収は688万円と女性全体の平均に比べ114万円も高くなっています。「新しく出た商品は実際に買って、いろいろ試してみるほう」で、この人たちも「多くの人が訪れる話題のスポットへ出かけるのが好き」です。思われたいセルフイメージは「センスがよい」「柔軟な」。ファッションへの関心が高く、ショッピングモールが好きで、「クルマ・バイク」への興味が高くなっています。

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -