連載
» 2014年10月02日 08時00分 公開

巨人優勝の裏で……。年俸440万円、厳しい生活を送る二軍選手たち臼北信行のスポーツ裏ネタ通信(4/4 ページ)

[臼北信行,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

プロの選手としての“潮時”

 前出のセ・リーグ球団関係者はこう語る。

 「プロ野球選手は、なかなか住宅ローンが組めない。個人事業主で、いつクビを切られるか分からないですからね。球団によっては年俸5000万円の選手でも銀行側から『NG』を出されたという話もあります。大金を得た選手は、それこそ即金で家を買えばいいけれど、パッとしない若い選手たちにはとてもじゃないが無理な話です。

 しかも選手は、ある一定の年齢になると規約で寮を出なければいけない。食事代や光熱費も含まれていた寮を出て新たに住宅を借りれば、それまで以上にさまざまな生活費がかさむことになるわけだから、格安年俸選手は生活そのものがパンクする。だから、遅くとも寮を出るまでに結果を残せていなければプロの選手としては“潮時”となります」

 華々しい環境下と思われがちなプロ野球界だが、「成功者」の域に達する選手は数えるほどしかいない。夢を追い求めながらも苦しい生活を強いられ、まともにスポットライトすら浴びずに消え去っていくプレーヤーがほとんどなのだ。実に厳しい競争の世界である。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -