Mobile:NEWS 2003年7月4日 10:43 PM 更新

野田幾子のFOMA日記
ともに過ごしたFOMAに思うこと

「うわ、デカッ!」と、ZDNet Mobile編集部から届いた「FOMA P2101V」に驚いてから約4カ月。それまでFOMAとは全く縁のなかった、一人の携帯電話ユーザーは、今やFOMAに全面的に乗り換えるつもりだ。

 約4カ月に渡ってFOMAを使ってきたが、当初考えていた「端末が大きく重くて通話料金が高く、使えない」というイメージは払拭された(P2101Vは端末が大きいおかげで持ちやすく、電話しやすいとも言えたわけだが……)。

 それは「P2102V」が、P2101Vよりもコンパクトになったこと、通常利用に支障がないくらいバッテリーのもちが延びたことにによるところが大きい。

 FOAMを使っていて私が気に入った点をいくつか挙げてみよう。

データの送受信がとても速く感じる

 特にP2102Vで撮った画像を送信するときに、送受信が速いのはありがたかった。添付ファイルとメール本文を合わせたデータ量が全角5000文字分(1万バイト)の場合で4−5秒といった具合だ。VGAで撮った画像も「大容量画像添付」モードを選べば送信でき、こちらは15−18秒程度だ。通信速度が最大でも9600bpsの「SH251i」では、iショットメールを送るのさえ10秒程度かかっていたので、送るのが億劫になることもあった。しかしFOMAを使うようになってからは「その気」になることも増えた。

音声通話がきれい

 長年、音声がクリアなPHSユーザー(現在はDDIポケットのH")だった私は、「SH251i」の音質に納得できないものを感じていた。FOMAは音声の状態が非常によく、固定電話にも引けをとらない点が気に入っている。

テレビ電話機能が思いのほか面白い

 当初「なんか恥ずかしいし、使う人なんているのかね」と、懐疑的だったテレビ電話。これも実際使うようになってビックリ、なかなか面白いのだ。テレビ電話に慣れると、音声通話のみの電話がちょっと寂しくなってくるほどだ。ただし双方がごきげんな楽しいテレビ電話はいいが、原稿の催促やお叱などはやはり音声通話かメールのほうが……。


メニューリストの「iモーション」を選ぶと、対応コンテンツがずらり。画面上に「2051・2102V・2701シリーズ対応」と書かれていると、(対応してないiモードサイトもあるだけに)なんだか気分がいい(左、中)。iモーション対応コンテンツの中にあった「フジニュースネット」(右)。「動画ヘッドラインサンプル」が用意されており、174Kバイトのムービー(約17秒)がダウンロードできる。約5−6秒でダウンロードできムービーの画質も悪くない。音声付きなので、イヤホンマイクがない状態で「通勤時間に見るか」とムービーを再生しまった時には度肝を抜かれた(イヤホンなしでも音声内容は、はっきりとクリアに聞こえる)

気になる通話エリアは?

 FOMAといえば「圏外になりやすい」「つながらない」という話がちらほら聞こえていたが、私の生活圏内(東京23区内)で困ることはほとんどない。山形県に持っていっても使えたのには感動した。

 ただし、電波状況を示すゲージがどうも怪しい。確かに3本立っているから使おうとしたのに、電話をかけようとすると「圏外」になってしまったり、iモードを使おうとすると「つなげません」といわれてしまったり。そう頻繁にあるわけではなかったが、「うわ、騙された!」と悔しく思ったものだ。

 また、長年H"が手放せない理由の1つに、「地下鉄の駅で使える」というがある。いざFOMAだけを使う生活になると、「あ、時間があるから電話しておかなくちゃ」と思った地下鉄の待ち時間に使えないのが少々もどかしい。それでも東京23区内では新宿駅(都営線や京王線など、地下にある駅のプラットフォーム)が使えるようになっていた。急激な普及はムリというものだろうが、地下駅へのエリア拡大もぜひ検討してもらいたい。

端末、プラン選びも慎重に

 私はZDNet編集部からP2102Vを借りていたので「面白い!」と思ったことは何のためらいもなくガンガン使っていた。テレビ電話しかり、着メロやiアプリゲームのダウンロード、画像やiモーションの送受信しかり。しかし冷静に考えると、その分お金がかかっているわけで、自分で契約するならプランは慎重に選びたいところだ。

 周りのFOMAユーザーに「FOMAの調子はどう?」と聞くと、一様に「パケット代使いすぎた」とうなだれている。特に、FOMAで撮った画像をメールにて添付することでWebにアップできる「fotolog」「Yapeus!」ユーザーに多い。


携帯電話からメールを使って画像をアップできるfotolog。FOMAは画質もそこそこいいし、撮ったらすぐに送れるので、一度やり始めたらハマってしまうのだ。Blogなので、自分がアップした画像を見た人がコメントを付けてくれるのが人気の秘密

 「野田さんのは借り物なの? じゃあ借りてるうちにバンバン画像をアップしたほうがいいよ!」などと半ば本気で忠告(?)する人も。彼はあまりにパケット代を使ったことに度肝を抜かれてしまい、パケットパックの申し込みにドコモショップへ駆け込んだという(金額は教えてくれなかった)。

 では、自腹で購入しようとした場合、どのプランがよくてどれくらいかかるものなのか──と調べていたところ、「ピッタリ料金プラン 割引相談サイト」なるものを見つけた。NTTドコモが提供する、料金シミュレーションサイトだ。


自分がどんな使い方をするか、どれくらい通話しそうか、どの割引プランを適用したいか──などを選べば、1カ月にかかる料金の目安を提示してくれる。ちなみにパケットパックは自発的に選ぶことができず、ある程度の使用量を超えるパケット数値を入力すれば自動的に適用する仕組み。あくまでも目安であり、実際メールの送受信やテレビ電話にハマってしまえばこんな金額を軽くオーバーしてしまうのだろう

 そろそろ「FOMA」な気分になってきた私にとっていいニュースなのは、端末のライアンアップがまた増えたこと。なんとテレビ電話対応機種が2つも出てきたのだ(6月16日の記事参照)。料金プランはもちろん、新しいテレビ電話FOMAの使い勝手も気になるところ。今後は自腹で購入した端末の使い勝手やサービス、料金について、随時レポートしていきたい。



関連記事
▼ 野田幾子のFOMA日記:初めてのテレビ電話
FOMAといえばぜひ試してみたいのがテレビ電話。テレビ電話仲間も見つかり、ドキドキしながら試してみたところ、かなり面白いことが判明。すっかりハマって、もう音声だけには戻れない?

▼ 野田幾子のFOMA日記:iショットメールが送れない?
FOMA「P2102V」の特徴は、なんといっても液晶画面を90度回転させて撮影できること。これはカッコいいし面白い。ところがいろいろ撮った画像をムーバに送ってみたところ……

▼ 野田幾子のFOMA日記:FOMAって使えるの?
「FOMAは動画がサクサク動く」「データ通信が驚くほど速い」「通話料が高い」──携帯電話の専門家ではない私はFOMAにそんなイメージを持っていた。「そろそろFOMA?」という声も聞こえる中、毎日FOMAを使ってみた印象をお伝えしたい

▼ ドコモの「P2102V」、都内で売り切れ続出か
3月15日、パナソニック製のFOMA「P2102V」が店頭でお目見えした。夕方の時点では売り切れの店が多いもよう

▼ ドコモ、「P2102V」でテレビ電話をアピール
ドコモはCeBIT会場に基地局を設置し、FOMAを使ったテレビ電話機能をデモンストレーション。W-CDMAのメリットを集まった欧州のプレスに訴えていた

▼ ドコモ、3月15日からビデオカメラライクなFOMA「P2102V」発売
ドコモは、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の第2世代FOMA「P2102V」を3月15日より発売する

▼ 新FOMA3機種はOMAP採用
TIの3G携帯向けアプリケーションプロセッサが、ドコモの新型FOMAには搭載されている。OMAPがアプリケーションプロセッサとして携帯電話に採用されたのは、これが初めて

▼ Mobile Weekly Top10:そろそろFOMA?
端末の機能強化──という点で見ると、今年はPDCの最後の年になりそうだ。次第にFOMAから目が離せなくなってきた

▼ ドコモ、バッテリー強化、動画メール送信対応のFOMA〜3機種発表
NTTドコモは続待受時間が約170−180時間と向上、動画のメール送信に対応したFOMA端末3機種を発売する。12月中旬以降順次投入予定

▼ 「ASF」から「MP4」へ〜FOMAのiモーションメール
撮影した動画をメールに添付して送信できる「iモーションメール」に対応した、新しいFOMA端末が登場する。しかし動画関係の機能拡張に伴い、動画フォーマットは変更され、既存の「iモーション」対応端末との互換性は失われてしまった


関連リンク
▼ パナソニック モバイルコミュニケーションズ

[野田幾子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!