Mobile:NEWS 2003年7月24日 02:43 AM 更新

Mobile Weekly Top10
「J-T010」の「この」機能に魅かれた理由

WIRELESS JAPANで見たさまざまな新端末の中で、印象に残ったのがJ-フォンの東芝製端末「J-T010」。これまで撮りだめた写真を生かせそうな機能があったからだ。

Mobile Weekly Top10 7月17日〜7月23日
1位 「P505i」をドコモブースでチェック〜WIRELESS JAPAN 2003
2位 ケータイカメラ画質研究ラボ:色の鮮やかさ以外は最高ランク「F505i」
3位 特集:ドコモの「505i」
4位 “秋FOMA”は来年1月に登場〜ドコモ木下氏
5位 次期BREW端末はQVGA液晶、ARM9コア〜KDDI高橋氏
6位 最小最軽量のFOMA「N2102V」、店頭に並ぶ
7位 写真で見る、クラムシェルCLIE「PEG-UX50」
8位 ケータイカメラ画質研究ラボ:32万画素CMOSカメラの「N505i」
9位 DDIポケット、256Kbpsの高速化PHSを参考展示
10位 FOMAの3つの課題〜ドコモ立川社長

 WIRELESS JAPANでは、ランキングトップを飾った「P505i」をはじめとする各社の新端末に触れる機会が得られ、気になる機能をいろいろ試すことができた。

 それぞれに個性的な機能を搭載しているが、なかでも気になったのがJ-フォンの東芝製端末「J-T010」。潜水艦の窓のような背面液晶周りのデザイン、鮮やかなボディカラーなどデザイン面もユニークだが、電子辞書やポケットデータベースといった、付加機能の充実ぶりは注目に値する。

 特にポケットデータベース。これは、「撮った後を楽しむ」ための機能として面白そうに思える。

 自分の端末内に撮りだめた写真をあらためて見てみると、7割が食べ物の写真。たいていは友達に「ここの○○、おいしい!今度誘うよ」とかそんなメールにくっつけて送っているものだが、これをデータベースにまとめておけば、地域別や料理のジャンル別に検索できるなど二次利用できそうだ。


J-SH52で撮りだめた食べ物写真のほんの一部。J-T010はSDカード対応なのでデータを移しやすい。J-SH52の写真を使ってデータベースを作成してみた


これが試しに作ったデータベース。最寄り駅から検索できるようにした

 こうした用途は当然東芝も考えているようで、店名やランク、電話番号、場所、メモを入力できる「お店リスト」なるテンプレートが端末内に用意されている。それを使えば簡単に「Myレストランデータベース」が作成可能だ。

 試しに自分でオリジナル項目を入れてデータベースを作ってみた。写真付きだから出先でどこに行くか迷ったときでも「こんな感じの料理」というのを友達に見せられるし、データベース内の電話番号から発信もできるので、ラストオーダーの時間もささっと確認できる。1時間ほど試したところでは、便利に使えそうな印象を受けた。

 最近のJ-フォン端末には、キャリアのネットワークを通さずに使える付加機能が多数搭載されている。J-T010の辞書やデータベースのほかにも、J-SH53の電子ブックや音楽プレイヤー、ボイスレコーダーなどがある。これらは今のネットワークではデータのやり取りができないが、3Gになったときにはそれも可能になりうるものともいえる。じつは携帯電話に望まれる機能は何で、3Gサービスでどんなものがウケるかをリサーチしているのでは……と思うのは考えすぎか。

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!