検索
ニュース

Xiaomiの日本専用モデル「Redmi Note 10 JE」がKDDIから おサイフ+防水対応で2万円台

Xiaomiが8月2日、日本向けの新型5Gスマートフォン「Redmi Note 10 JE」を発表。KDDIがau向けに8月13日に発売、UQ mobile向けには9月上旬以降に発売する。IP68の防水・防塵(じん)やFeliCa(おサイフケータイ)に対応しており、プロセッサはQualcommのSnapdragon 480 5Gを採用している。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 Xiaomiが8月2日、日本向けの新型5Gスマートフォン「Redmi Note 10 JE」を発表。KDDIがau向けに8月13日に発売、UQ mobile向けには9月上旬以降に発売する。auでは8月3日から予約を受け付ける。au向けの価格は2万8765円(税込み)。auとUQ mobileのモデル、いずれもSIMロックなしで販売される。

【訂正:2021年8月2日21時00分 初出時にauでの予約開始日が誤っていました。おわびして訂正致します。】

Redmi Note 10 JE
XiaomiがKDDIと共同開発した「Redmi Note 10 JE」
Redmi Note 10 JE
カラーはクロームシルバーとグラファイトグレーの2色

 Redmi Note 10 JEの「JE」が「Japan Edition」を示す通り、本機は日本向けに開発された独自モデル。KDDIと共同で開発しており、auとUQ mobileのみで取り扱う。グローバルで展開している「Redmi Note 10 5G」がベースモデルだが、新たにIP68の防水・防塵(じん)やFeliCa(おサイフケータイ)に対応しており、プロセッサは8nmプロセスのSnapdragon 480 5Gを採用している(Redmi Note 10 5GはMediaTekのプロセッサを採用)。

 容量4800mAhのバッテリーを内蔵しており、18Wの急速充電にも対応している。メインメモリは4GB、ストレージは64GBを備えており、最大1TBのmicroSDXCも利用できる。OSはAndroid 11(MIUI 12.5)を採用。カラーはクロームシルバーとグラファイトグレーの2色で展開する。

 ディスプレイは約6.5型フルHD+液晶を搭載しており、最大90Hzのリフレッシュレートに対応する。静止状態は50Hz、動画ストリーミングでは60Hz、スクロール時には90Hzに、という具合に、利用シーンに合わせてリフレッシュレートを3段階で自動で調整することで、消費電力を抑える。日差しの強い屋外でも見やすい「サンライトモード」、4096段階に明るさを調整可能な「360°周囲光センサー」、目に優しい「読書モード」も用意する。

Redmi Note 10 JE
ディスプレイは3段階でリフレッシュレートを自動調整する
Redmi Note 10 JE
屋外での視認性を向上させる「サンライトモード」
Redmi Note 10 JE
基本スペックのまとめ

 背面には約4800万画素のメインカメラ、約200万画素の深度センサー、約200万画素のマクロカメラを搭載。深度センサーを活用することで、被写体の背景をぼかした写真を撮影できる。マクロカメラでは被写体に4cmまで寄って撮影できる。27種類のシーンを認識して撮影する「AIカメラ」、暗所でも明るく撮影可能にする「AIスーパーナイトモード」、61種類の「写真フィルター」も用意する。800万画素のインカメラでは、手を振ってシャッターを切ることができる。

Redmi Note 10 JE
背面にトリプルカメラを搭載している
Redmi Note 10 JE
深度センサーを用いて背景をぼかした撮影が可能
Redmi Note 10 JE
AIスーパーナイトモードを搭載
Redmi Note 10 JE
27種類のシーンを自動認識する

 本体サイズは約76(幅)×163(高さ)×9.0(奥行き)mm、重量は約200g。外部接続端子はUSB Type-Cを採用しており、3.5mmイヤフォンジャックも利用できる。生体認証は顔認証と、側面のセンサーを用いた指紋認証に対応している。

Redmi Note 10 JEは「理想的な5Gエントリーモデル」

 東アジア担当ゼネラルマネジャーのスティーブン・ワン氏は、Redmi Note 10 JEでは日本でニーズの強いスペックを取り入れる「ローカライズ」とユーザー体験の向上に注力しつつ、手頃な価格を実現することにこだわったと話す。2万円台という価格は「エントリーレベル」でありながら、「ミドルレンジの機能を盛り込んだ」と同氏。「理想的な5Gエントリーモデルを開発できた」と胸を張る。

 KDDIにとってRedmi Note 10 JEは、2020年に発売した「Mi 10 Lite 5G」に続く、2機種目のXiaomiスマートフォンとなる。KDDI パーソナル事業本部 パーソナル企画統括本部 プロダクト企画部長の木下祐介氏は「Mi 10 Lite 5Gは新規のお客さまに多くお求めいただいた。これは日本のユーザーがXiaomiの端末を待ち望んでいたことを示唆する」と振り返る。

 KDDIは、多くのユーザーに5G体験を届けるべく「みんなの5G」というメッセージを掲げているが、Redmi Note 10 JEはまさに「みんなの5Gを体現するモデル」だとする。「日本市場でなくてはならない存在のおサイフケータイと防水・防塵に加え、大容量バッテリーやAIカメラなどの先進機能を備えている。『スマホ選びに悩んだらこの1台』といえる」と木下氏は太鼓判を押す。

Redmi Note 10 JE
KDDIはRedmi Note 10 JEのキャッチコピーとして「スマホ選びに悩んだらこの1台」を掲げる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る