災害に立ち向かうテクノロジー:

ハリケーン襲来、そのときITは

ニューオーリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」は、通信インフラにも大きな被害をもたらした。各社は通信の復旧に努めるとともに、ITを駆使して被災者の救援に乗り出す。

新着記事

カトリーナ災害の教訓でディザスタリカバリはどう変わる?

1年前のハリケーン「カトリーナ」は、多くのディザスタリカバリ計画の弱さを露呈させたが、カトリーナから得られた幾つかの教訓がある。


ハリケーン後の対応にVoIPを活用したAllstate

災害時に機動性を発揮できるIPベースの電話設置が進んでいる。いまVoIPに求められているものは、キラーアプリケーションと、決定的なコスト削減の証明だ。 (Enterprise)


MegaTrack――被害前の情報共有

尋常でない被害をもたらしたハリケーンのカトリーナやリタ。災害発生前の情報共有はインターネットがもっと活用されるべきではないだろうか。 (Enterprise)


ハリケーン「カトリーナ」の犠牲者の管理にRFIDタグを採用

カトリーナの犠牲となった遺体の管理に、RFIDタグ「VeriChip」が利用されている。


ハリケーン報道で既存メディアとブログ、ポッドキャストの「融合」実験

地元新聞社や在野のポッドキャスターがブログやポッドキャストでハリケーン「リタ」の最新情報を伝え続けている。


リタに便乗したオンライン詐欺にセキュリティ警告

ハリケーン「リタ」関連のチャリティーサイトに見せ掛けるなどの悪質な詐欺サイトが急増し、CERTやFBIが警告を発している。


被災したニューオーリンズの状況を伝え続ける地元ブロガーたち

8月末にカトリーナがニューオーリンズを襲った後、複数の地元サイトやポッドキャストが現地の状況を伝え続けている。(ロイター)


コールドプレイ、プリンスがiTMSでハリケーン被害救済の楽曲提供

コールドプレイとプリンスが、iTMSにチャリティーソングを提供し、カトリーナ被災者救済を開始した。9月15日現在日本ではまだ購入できない。


Google、ハリケーン被災者を検索する新機能


LUGのボランティアがカトリーナの惨禍に見たもの

大型ハリケーン「カトリーナ」の被害に遭った米ルイジアナ州ニューオーリンズ。ITだけでは解決できない現状が横たわる中、そこで活動する多数のボランティアは、何を見、何を考えたのか。 (Enterprise)


LycosとYahoo!がカトリーナ被災者情報を提供するポータルサイト設置

カトリーナの被災者のためのサイトが多数開かれ、情報が錯綜し出している。検索大手のLycosとYahoo!はそれぞれそうした情報をまとめたポータルサイトを設置した。(IDG)


カトリーナの災害申請にはWindows版IEが必須?

自然災害の被災者が政府に援助を申請する窓口であるFEMAがMicrosoftのIEにしか対応していないことに、Macユーザーが不満を表明した。(IDG)


ハリケーン被災地の通信手段確保にアマチュア無線家ボランティアが貢献

カトリーナにより電話回線が壊滅的な痛手を受けた地域で、昔ながらのアマチュア無線のボランティアが大活躍している。(IDG)


BellSouth、ハリケーン復旧コストを「最大6億ドル」と推定

「カトリーナ」の襲来で大きな打撃を受けた米南東部の地域電話大手BellSouthは、大半の地域では30日以内にサービス復旧の見通しだとしている。(IDG)


HP Technology Forum、ハリケーン被害で延期

8月にキャンセルとなったHP World 2005の参加希望者も参加することになっていたHP Technology Forumは、「カトリーナ」の影響で延期が決定された。


news036.jpg

カトリーナ義援金を狙ったフィッシング詐欺

赤十字を装ってカトリーナ被災者のための寄付を募るフィッシング詐欺に、セキュリティ企業が警告している。


日本のIT企業、米ハリケーン被害支援に乗り出す

松下やキヤノンなど、日本の大手企業も次々と「カトリーナ」被災者支援に名乗りを上げており、ソニーはオンラインゲームからの寄付をユーザーに呼び掛けている。(IDG)


マスターチーフが地球を救う――BUNGIE STOREで「カトリーナ」被害者救済活動

(Games)


「いとこを捜しています」――ネットが被災者探しの場に

2001年の同時多発テロ後、現場周辺には行方不明者の写真が張り出された。ハリケーン「カトリーナ」襲来後は、インターネットが同じような役割を果たしているようだ。(ロイター)


news006.jpg

ハリケーン「カトリーナ」の生存者捜索にハイテク無人偵察機

現在も市内に立ち往生していると考えられる生存者を探すため、戦場での情報収集に使われる小型リモコン偵察機がニューオーリンズに向かっている。(ロイター)


ハリケーン被災者の避難場所に通信センター設置

ハリケーン被災者の避難所となっているヒューストンのスタジアムでは、非営利団体や大手電話会社などが無料電話やインターネットなどの設置を行っている。


米企業、カトリーナ被害救済のため無線ネットワークシステム構築へ

IntelやMicrosoftなどのハイテク企業が赤十字と協力してハリケーン被災者救済に乗り出した。


ハリケーン被害で通信サービスの懸命な維持・復旧作業続く

地方電話会社も大手のVerizon、Bellsouthなども、被害状況の把握と復旧に努めている。(IDG)


「カトリーナ」で被災したITシステムの復旧――ホテルの場合

大型ハリケーン「カトリーナ」が直撃したニューオーリンズのホテルでは、宿泊客に気遣いながらITの復旧作業が開始された。(IDG)


news015.jpg

katrina.com、ハリケーン被災者支援サイトに転向

katrina.comというドメイン名のサイト運営者が、自分のサイトをハリケーン「カトリーナ」の被害者支援情報提供サイトにしている。


iTMS、Amazonがハリケーン被害救済の募金開始

AppleのiTMSとAmazonで、ハリケーン「カトリーナ」被害救済の募金がワンクリックでできるページが設置された。


ハリケーン被害便乗のスパムが横行

ハリケーン「カトリーナ」による被害状況を知らせるメールを装い、「Read More」をクリックすると危険なサイトに誘導されるスパムメールが広がっている。


超大型ハリケーン「カトリーナ」の上陸で長距離、携帯の通話が不通に

史上最大クラスのハリケーンが米国本土上陸したことにより、各地の長距離電話、携帯電話に被害が及んでいる。



Special

- PR -

Special

- PR -