Special
» 2014年09月18日 10時00分 公開

まだ早い? もう買い時?:今そこにあるディスプレイの問題を解決して新世界へ――これがEIZO「4K」モデルの実力だ! (3/3)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3       

Q 長く安心して使える高品位なディスプレイが欲しいが、何を選べばいい?

A このクラスの大画面ディスプレイは、安くない買い物なので、長期に渡って安心して使用できるものを選びたいと思うのは当然だ。この点においてもFlexScan EV3237はしっかりと要件を満たしている。

 保証期間は長期の5年に及び、期間内は引き取り料金、修理費用が無料だ。また、保証期間に関わらず、故障した場合には代替機を無償で貸し出してくれるのもありがたい。そして4Kディスプレイであれば、保証期間の切れる5年後でも陳腐化せずに現役で使えるのだ。

FlexScan EV3237に接続するPCの注意点

 PCと4Kディスプレイの接続は、それほどハードルの高いものではない。PCにHDMI 1.4以降のHDMI端子が搭載されていれば、リフレッシュレート30Hzでの4K表示が可能だ。

 しかし、4Kでリフレッシュレート60Hz(4K@60Hz)の表示を行うとなると、いくつかの制約が伴う。大前提となるのはインタフェースがDisplayPort 1.2以降であることだ。4K@60Hzの表示には16Gbpsもの太い伝送帯域が必要になる。これだけの伝送帯域になると、DVI(デュアルリンクも含めて)はもちろん、HDMI 1.4でも届かない。

DisplayPort 1.2で接続すれば、4Kの60Hz表示が行える

 HDMI 1.4の伝送帯域で4K@60Hz信号を送るためのHDMI 2.0 Level Bという規格も用意されているが、こちらは色深度がYUV 4:2:0となっており、色がにじむため、ディスプレイ表示には向かない。HDMIでの4K@60Hz信号伝送には、HDMI 2.0 LEVEL Aを待つこととなる。このため、現状で4K@60Hz表示にはDisplayPort 1.2が唯一の手段となるわけだ。

 インタフェース以外で4K@60Hz表示のための制約は、ディスプレイ製品によって異なるが、FlexScan EV3237に限っては基本的に問題ない。DisplayPortでの4K@60Hz信号の伝送方式としてSST方式(Single Stream Transport)を採用しており、特別な設定なしに4K表示が可能だからだ。ただし、一部にDisplayPort 1.2搭載でSST非対応のグラフィックスカードも存在するため、念のため購入時に確認したほうがよいだろう。

 一方、他社製品では伝送方式としてDisplayPortのMST(Multi-Stream Transport)を使用しているものもあり、これによる制約を受ける。MST方式では4Kの信号を2系統(1920×2160ピクセルの2画面)にして送るため、グラフィックスドライバのストレッチ機能(AMD EyeFinityなど)を使って1画面にまとめて表示することが必要だ。

GPUの4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」対応状況
メーカー 製品 DisplayPort(3840x2160ピクセル/60Hz)
AMD Radeon HD 7700以降
Radeon R7以降
Fire Pro Wシリーズ以降
NVIDIA GeForce GTX 650以降
Quadro Kシリーズ以降
Intel HD Graphics 4200以降
Apple Mac Pro(Late 2013、OS X 10.9.3以降)
※記事初出時、表の内容が古い情報だったため、修正しました

 ただし、現状で4K@60Hz表示にそこまでこだわる必要があるのかという疑問は残る。4K@60Hzの動画再生にはかなりのハイパワーが必要で、4Kの60Hz映像ソース自体がまだほとんどない。ゲーム用途もPC側の性能がとても追いつかないだろう。それでもマウスカーソルやスクロールといった日常操作で、60Hz表示は30Hz表示より滑らかだ。30Hz表示でも特に困らないだろうが、先々のことを考えれば、4K@60Hz対応製品のほうが安心感がある。

 接続したら次はスケーリングの設定だが、Windows 8.1の場合は「デスクトップのカスタマイズ」→「ディスプレイ-テキストやその他の項目の大きさの変更」で行える。プリセットは「小-100%」(96dpi)、「中-125%」(120dpi)、「大-150%」(144dpi)が始めから見えるほか、カスタムサイズの変更オプションに「特大-200%」と「超特大-250%」も用意されている。FlexScan EV3237の画素密度は約140ppiなので、「中」もしくは「大」を選択しておけばよいだろう。

FlexScan EV3237のような高画素密度ディスプレイでは、スケーリングの設定も忘れずに

高精細と大画面の両立がかつてない快適さを生む

 以上のようにEIZOのFlexScan EV3237は、4Kによる高精細表示、31.5型ワイド画面による作業スペースの広さをうまく両立できる画素ピッチとなっており、どちらのニーズにも応えてくれる。4Kという高解像度をPCで利用しやすい絶妙な画面サイズだ。

 最近は低価格重視で視野角が狭いTNパネルを用いた4Kディスプレイも見られるが、FlexScan EV3237は広視野角のIPSパネルを搭載し、角度によるコントラストや色味の変化を最小限に抑えている。もちろん、EIZO独自の高画質化技術、疲れ目対策技術をこれでもかと搭載しており、4Kや大画面を抜きにした液晶ディスプレイとしての基本性能も高い。

 高精細と大画面が生かせるCADやデイトレードをはじめ、一般ビジネス用途、カラーマネジメントまでは必要ないが高解像度環境を求めるクリエイティブ用途、さらにはPC中上級者のホビー用途まで、さまざまなシーンでフルHD級のディスプレイとは一線を画す快適さが得られるに違いない。

 気になる価格は、EIZOダイレクトの直販価格で19万9800円(税込)だ。さすがに高価だが、ハイエンドクラスの大画面・高精細ディスプレイを求める層は、やはり品質や使い勝手の優先順位が高く、導入コストはある程度許容するというユーザーが多いはず。FlexScan EV3237は、こうしたユーザーにとって朗報と言える正統派のハイエンドモデルであり、現状で4Kディスプレイに求められる要素を網羅した完成度の高い1台だ。

 中長期で安心して使える高品位な大画面・高精細ディスプレイを探しているならば、FlexScan EV3237は筆頭候補に挙げられるだろう。

広視野角のIPSパネルを搭載し、10ビットガンマ補正による滑らかな階調表現が行えるなど、大画面・高精細に加えて、表示品質も高い。色域はsRGB相当だ
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:EIZO株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2014年9月30日

関連リンク

活用&ノウハウ

/pcuser/articles/1610/26/news004.jpg

ディスプレイの購入を検討する際、どの映像入力に対応しているかは必ずチェックするべき重要項目の一つだ。現在主流のインタフェースや今後注目すべきインタフェースを中心に最新事情をまとめた。

/pcuser/articles/1603/18/news017.jpg

スタートメニューの復活をはじめ、デスクトップUIがより使いやすくなった「Windows 10」には、「マルチディスプレイ」の操作性を高めるための工夫も見られる。実際にWindows 10搭載のノートPCとデスクトップPC、そして2台のディスプレイを使って、マルチディスプレイ活用テクニックを見ていこう。

/pcuser/articles/1412/11/news009.jpg

スマートフォンやタブレットから始まったディスプレイの高画素密度化は、PCディスプレイの世界にも波及。2014年にはPC向けの4Kディスプレイが台頭し、画面サイズ、解像度とともに、「画素密度」の把握が製品選びで重要になってきた。今回は最新の技術動向も含め、ディスプレイの高画素密度化をテーマに解説する。

/pcuser/articles/1403/05/news004.jpg

PC、スマートフォン、タブレット――いつもディスプレイに囲まれて、目や首、肩に余計な負担がかかっているのでは? 心当たりがある人は、症状が悪化する前に、これを読んで今すぐ対策しよう。

/pcuser/articles/1307/09/news005.jpg

PCディスプレイの標準仕様がフルHDとなった今、より上質の作業環境を望むなら、次に狙うべきは「4K2K」なのか? 否。設置スペースさえ許せば、もっといい方法がある。そう、“超”高解像度を手軽に実現できるマルチディスプレイというさえたやり方が――。

/pcuser/articles/1112/07/news004.jpg

ディスプレイから目を守るメガネ「JINS PC」が人気だ。エネルギーの強い青色光を特殊なレンズで防ぐことで、目にかかる負担を軽減できるという。これと同じように、ナナオもディスプレイメーカーの立場から長期に渡って疲れ目対策を講じており、その最新モデル「FlexScan EV2335W」にはさまざまな機能が備わっている。それでは、目の疲れに敏感なJINS PCの担当者は、FlexScan EV2335Wの表示をどう見るのだろうか?

/pcuser/articles/1105/25/news001.gif

今や生活の一部になりつつある電気製品の「節電」だが、どこまで意識して実践できているだろうか。液晶ディスプレイの節電を考えた場合、日ごろの運用で無駄に電気を使っていないか、そして効果的な省エネ策とは何なのか、今こそ普段の利用スタイルを見直してみよう。

/pcuser/articles/1009/27/news004.jpg

スマートフォンをはじめ、iPadなどのスレート型端末、デジタルカメラの背面液晶、ニンテンドーDS、そしてWindows 7など、最近注目を集めるデジタル製品はタッチパネルへの対応が1つのキーワードになっている。ひとくちにタッチパネルといっても、画面に触れた指やペンを検出する方式はさまざまだ。今回はタッチパネルの基本的な検出方式を取り上げ、その特徴と最適な用途について紹介しよう。

/pcuser/articles/1005/31/news001.jpg

動画コンテンツの魅力を最大限に引き出すには、“動画の”表示品質に優れた液晶ディスプレイが必須だ。今回はいくつかのサンプル動画を用意し、液晶ディスプレイにおける動画の表示品質をチェックしていこう。

/pcuser/articles/1004/22/news002.jpg

普段から何気なく使っている液晶ディスプレイの表示品質を、きちんと確かめてみたことはあるだろうか? テストパターンなどを使ってチェックしてみると、普段気付かなかった表示品質の問題点に気付くことも少なくない。今回は液晶ディスプレイの表示品質を評価するための基本的なポイントと、誰でも手軽に試せる方法を紹介しよう。

FORIS

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1407/08/news003.jpg

マルチディスプレイ環境はなにかと便利だが、画面と画面の間に挟まるフレームが見た目のノイズになってしまうのは難点だ。しかし、EIZOが新たに投入した「フレームレス」デザインの液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」であれば、この問題もほとんど解決できるハズ。実際に使ってみると、多くのユーザーは「これまでのマルチディスプレイは何だったのか……」と衝撃を受けるのではないだろうか?

/pcuser/articles/1401/20/news001.jpg

動きが激しいゲームや入力タイミングが厳しいゲームでは、液晶ディスプレイの性能が勝敗に影響することも少なくない。EIZOが満を持して投入した「FORIS FG2421」は、業界初の240Hz駆動技術を搭載しつつ、入力の遅延も極限まで抑えた、非常に先進的なゲーミングディスプレイだ。その性能をトップゲーマーはどう評価するのか、国内でも実力派のFPSチームにじっくり試してもらった。

ColorEdge&カラーマネジメント

/pcuser/articles/1306/21/news002.jpg

新スタイルの共用オフィス空間である「コワーキングスペース」は、新しいコミュニティが生まれる場所としても注目され、都市部を中心に急増している。そんなコワーキングスペースの中に、EIZOのカラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge」が期間限定で自由に使える場所があるという。これは試してみる価値が大いにありそうだ。

/pcuser/articles/1208/30/news007.jpg

カラーマネジメント液晶ディスプレイを導入すれば、デザイン業務の効率化や完成度の向上が期待できる。とはいえ、「そんなことは分かっているけど、とても高くて導入できないから、ちょっといい通常のディスプレイでガマンするしかない」といったデザイナーは少なくないだろう。ナナオの「ColorEdge CX240」は、「いつかは、カラーマネジメント液晶ディスプレイ!」と願う、こうしたユーザーにとって福音となるかもしれない。

/pcuser/articles/1202/27/news006.jpg

カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?

FlexScan

/pcuser/articles/1412/18/news003.jpg

EIZOの4K対応31.5型ディスプレイ「FlexScan EV3237」、23.8型エンターテインメントディスプレイ「FORIS FS2434」が、PC USERアワード2014年下半期「ディスプレイ部門」にてそれぞれゴールドとシルバーを受賞。各製品に込められたEIZOならではのこだわりを開発陣に聞いた。

/pcuser/articles/1409/18/news007.jpg

徐々に数を増やしつつあるPC向け4Kディスプレイ。先物買いの印象があるかもしれないが、ディスプレイに関するさまざまな問題を解決し、極上の表示環境が得られる「先進的かつスマート」な選択肢なのだ。特にEIZO初の4Kディスプレイ「FlexScan EV3237」は、長い目でディスプレイ選びを考えた場合、有力候補に挙げられる。

About EIZO

/pcuser/articles/1401/27/news005.jpg

EIZOの東京ショールームが銀座3丁目から7丁目に移転し、リニューアルオープンした。ホビーからビジネスまで幅広いユーザー層をカバーするほか、特定用途向けディスプレイの展示も充実。「ディスプレイの今」を体感できる。無料のセミナーやワークショップ、ギャラリーにも注目だ。