キーワードを探す
検索

「バックアップソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。

()

仮想化が広く浸透し、ITへの依存を高めつつある今日において、データ保護は必須だ。だが、柔軟性に欠ける既存バックアップへの不満は多い。中堅・中小企業でも使いやすい仮想化環境向けバックアップソフトを探る。

()

クラウド時代の混在したシステムのバックアップを、速く簡単に──。Arcserve Japanが、統合バックアップソフトの新バージョン「Arcserve UDP v6」を発表した。仮想化統合基盤に関わる要件や事業継続性対策の課題をカバーする機能を強化し、中規模企業層へ訴求する。

()

日本ヒューレット・パッカード(日本HPE)は、ストレージ製品「HPE 3PAR StoreServ」向けのソリューションを発売した。さらにHPE 3PAR StoreServを、バックアップツール「HPE StoreOnce」とテープ装置「HPE StoreEver」製品ラインアップに統合し、データ保護を強化するという。

()

“およそ3分の1の企業がバックアップツールを導入していない”という調査報告がある。中堅・中小企業であれば、その割合はさらに高くなるであろう。バックアップツールを導入したいが、“ノウハウがない”“管理者がいない”“費用はかけられない”企業がまず行うことのできる、簡単・お手軽なバックアップとは?

()

アクロニス・ジャパンは、イメージバックアップソフト「Acronis True Image」の最新版「Acronis True Image 2015」を発表した。WindowsとMacの両方に対応し、最上位版はクラウドストレージを容量無制限で利用可能な1年更新のサブスクリプションモデルとなっている。

()

IT部門にとってシステムやデータのバックアップは、重要度が極めて高いながらも、非常に手間のかかる業務だろう。バックアップソフト大手のシマンテックは、アプライアンスを活用した新製品をはじめとして、課題解決に向けた注目のソリューションを提供している。これは企業の情シスマンたちにとって、どれほど朗報なのか? アイティメディアのIT環境を支える現役の情シスマン・ひろゆきがシマンテックに聞いた。

()

日本CAでは、企業サーバー向けバックアップソフトとして「CA ARCserve」シリーズを展開。簡単なイメージバックアップから高度なレプリケーションまで、あらゆるデータ保護のニーズに応えている。Windows Server 2012 R2にも早急に対応し、Windows Server 2012対応時の機能強化に加えて、さらに手軽で高品質な機能を追加していく予定だ。

()

「バックアップや復旧に時間がかかる上、直近の状態に戻せない」。このような限界に突き当たっている現場が増えている。また、サーバーの仮想化を推進する上でも、バックアップコストの増大は大きな課題だ。これらの解となる事例を紹介する。

()

企業規模を問わず、保有する情報資産を保護できるバックアップ環境の重要性が増している。本連載では、特に中堅・中小企業のバックアップ環境の構築を支援するソフトウェアを紹介する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る