コラム
» 2006年08月29日 12時42分 UPDATE

3分LifeHacking:ノートPCのパームレストの「熱」を回避する(その2)

ノートPCのパームレストの熱対策について、今回は「ファン付クーラースタンド」というアイテムを実験結果も交えつつ紹介しよう。

[ITmedia]

 前回(8月21日の記事参照)に続き、今回もノートPCのパームレストの熱を下げる対策をご紹介したい。前回は熱を遮るクッションをパームレストに敷くというシンプルな方法だったが、今回はノートPCの下にUSB給電のファン付クーラースタンドを敷き、底部に風を当てて放熱を促す方法である。

 パームレスト部の熱を下げるために、ノートPCの底部に風を当てるというのは、少し奇異に思える。どうせならパームレストに直接当てたほうがいいのでは、と思う方もおられるだろう。

 しかし、もともとパームレスト部の発熱は、ノートPC本体内部の熱がこもっていることが原因であり、本体を効率的に冷却すればパームレスト部に伝わる熱を大幅にカットできるはずだ。

 クーラースタンドなる製品は各社から発売されているが、今回は例としてエレコム「SX-CL02MSV」を用い、実際にどの程度熱が下げられるかを測定してみた。

st_ne01.jpgst_ne02.jpg 「クールブリザード」という強烈なネーミングが付けられた「SX-CL02MSV」。B5ノート用のほか、A4ノート用もラインアップされている
st_ne03.jpgst_ne04.jpg ノートPCを上に乗せ、底面に風をあてる構造。USB給電なのでACアダプタは不要

 ノートPCのCPU使用率がほぼ100%になるよう、動画再生などのアプリケーションを動作させた状態で1時間ほど放置し、発熱がピークに達した時点の温度と、その後クーラースタンドで30分ほど冷却した後の温度を測定してみた。

 その結果、最高で摂氏44.3度あった表面温度が、クーラースタンドを利用することで37.4度まで低下した。約7度しか低下していないが、そのまま使い続けると低温やけどの恐れもある温度から、体温近くにまで低下していることを考えると、この差は非常に大きい。

 これらの冷却効果はノートPCの種類や環境によっても変わってくると思われるが、今回実験に使用したノートPCはEfficeon/1GHz搭載モデルなので、より発熱量の多いCPUを搭載したノートPCであればさらに効果が高いことも考えられる。価格も2000円台と手頃なので、パームレストの熱に悩んでいる人はもちろん、CPUの熱暴走などの経験がある人は試してみる価値はあるだろう。

 デメリットとして挙げられるのは、ファンを利用するため環境によっては風切り音が気になることと、PCの後部を持ち上げる形になるためにキーボードの角度が変わり、打鍵感がやや変わってしまう点だ。これらがどうしても気になる場合は、思い切って外付キーボードを使うのもテだ。次回はこの方法を紹介したい。

st_ne05.jpgst_ne06.jpg ファンの回転速度を2段階にコントロールできるので、急いで温度を下げたい場合と、静音性を求める場合とで風量の切り替えが可能だ。送風方向は上下左右に調整できる
本日のレシピ
製品名 SX-CL02MSV
URL http://www2.elecom.co.jp/accessory/cooling-sheet/sx-cl02/
発売元 エレコム
実売価格 2980円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ