ニュース
» 2006年09月26日 17時51分 公開

Googleの祝日用ロゴを「Googleカレンダー」に

Googleの祝日用ロゴのGoogleカレンダー用データが公開された。さっそく追加してみよう。

[鷹木創,ITmedia]

 Googleは、Googleカレンダー用データとして「Google 祝日用ロゴ」を公開した。Googleカレンダーの「設定」−「カレンダー」−「他のカレンダー」から追加できる。利用料は無料。

 Google 祝日用ロゴとは、世界的なイベントや各国の独立記念日などの祝日に、Googleのトップページに掲載されるロゴマーク。通常のGoogleロゴをアレンジしたもので独特なデザインが特徴だ。楽しみにしているユーザーも少なくない。

 今回公開されたGoogleカレンダー用データを自分のGoogleカレンダーに適用すると、祝日用ロゴの掲載日付にマーキングされ、マークをクリックすると祝日用ロゴが確認できるようになる。なお、マーキングされるのは過去に掲載されたロゴのみとなる。

「設定」−「カレンダー」−「他のカレンダー」の「追加」ボタンを押す
「カレンダーを参照」を選択し、必要なカレンダーを追加しよう
ワールドカップなどの祝日用ロゴが確認できるようになる。

 このほか、Googleでは月の満ち欠けが3段階でわかる「月の位相」データも公開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -