ニュース
» 2006年10月16日 20時11分 公開

オフィス家具の通販サイト「カウネット」がネットショップ情報誌と連携

オフィス家具の通販サイト「カウネット」とネットショップ情報誌「月刊ネットショップ&アフィリ」が連携する。情報誌にカウネットの情報を掲載する一方、カウネットでも同誌の販売などを開始する。

[鷹木創,ITmedia]

 コクヨグループのカウネットは、オフィス家具の売上拡大に向け、通信販売と雑誌記事を連携させたマーケティング活動を10月から開始する。

 カウネットは、従業員30名以下の小規模事業所をメインターゲットに、会員制の法人向けオフィス用品通販サービスを提供している。同社によれば、オフィス家具を購入する際、事務用品を中心とする消耗品発注担当者よりも、経営者層が購入の意思決定をしていることがアンケート調査などからもわかっていた。しかし、これまではオフィス家具の購入機会が多い新規事業主へのアプローチが十分ではなかったという。

 そこで、カウネットではサイビズが発行する「月刊ネットショップ&アフィリ」の特集ページで、10月から6カ月間に渡って継続的にオフィス家具に関する商品やサービスを訴求する。

 なお、10月末からは通販サイト「カウネット」でも「月刊ネットショップ&アフィリ」を販売する。既存ユーザー向けに同誌のダイジェスト版を作成し、配送する商品の梱包に同梱して配布する。このダイジェスト版でも紹介ページを設け、分厚いカタログを見ることが少ない経営者層にもアピールするというわけだ。

 月刊ネットショップ&アフィリは、インターネットビジネスを行う小規模事業主やSOHO事業主、これから事業を始めようとする人に読まれている月刊誌。カウネットは月間ネットショップ&アフィリの読者に訴求する一方、同誌もカウネットを通じた販売、ダイジェスト版配布などで新規読者の開拓を狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -