ニュース
» 2007年01月15日 15時14分 UPDATE

週刊「仕事耕具」:複数のシャープペンとボールペンから4000通り以上の組み合わせ――新型「シャーボ」

ゼブラのシャーボに新型「シャーボX」が登場する。「ボディ」「シャープメカ」「ボールペン替芯」から4000通り以上の組み合わせが可能なことが特徴だ。

[鷹木創,ITmedia]

 「右に回すとシャープペン、左に回すとボールペン」のキャッチコピーが懐かしいゼブラのシャーボに新型「シャーボX(エックス)」が1月27日に登場する。「ボディ」「シャープメカ」「ボールペン替芯」を選択できるのが特徴で、1本の価格は3633円からとなっている。

 シャーボは、独自の回転式機構によって「シャープペン」と「ボールペン」を切り替えて使える複合筆記具。1977年から発売しており、2007年には発売30周年を迎える。新型のシャーボXでは、9種類のボディから1つ、3種類のシャープメカから1つ、17種類のボールペン替芯から2つをそれぞれ選択し、好みに応じたペンを作れるようになった。組み合わせは最大4131通りに及ぶという。

st_zeb01.jpg

 ボディは大きく分けると3種類で、カラーバリエーションを含めると9種類を用意した。シンプルなモノトーンボディ「シャーボX ST3」(3150円)ではブラック/ホワイト/シルバーの3色、革調の印刷を施したシックなボディ「シャーボX CL5」(5250円)ではレザーブラック/レザーホワイトの2色、アルミ製の軽量ボディ「シャーボX AL5」(5250円)ではカナリアレッド/ライムグリーン/サイレントブルー/アッシュブラウンの4色を、それぞれ選択できる。

 シャーボXは基本的にボディのみの販売で、別売りのシャープメカとボールペン替芯が必要だ。シャープメカ(315円)は芯の太さで0.3ミリ/0.5ミリ/0.7ミリの3種類、ボールペン替芯はインクの種類と太さで17種類を用意した。

st_zeb02.jpg 9つのボディ(左)、3つのシャープメカ(中央)、17種類のボールペン替芯(右)
st_zeb04.jpg 9種類のボディ。左から「シャーボX ST3」のブラック/ホワイト/シルバー、「シャーボX CL5」のレザーブラック/レザーホワイト、「シャーボX AL5」のカナリアレッド/ライムグリーン/サイレントブルー/アッシュブラウン
ボールペン替芯
No. 種類 ボール径 価格
1 油性 0.7ミリ 84円
2 油性 0.7ミリ 84円
3 油性 0.7ミリ 84円
4 油性 0.7ミリ 84円
5 油性 0.7ミリ セピア 168円
6 油性 0.7ミリ ボルドー 168円
7 油性 0.7ミリ エバーグリーン 168円
8 油性 0.7ミリ ブルーブラック 168円
9 ジェル 0.5ミリ ブラック 168円
10 ジェル 0.5ミリ ロイヤルブルー 168円
11 ジェル 0.5ミリ カーマインレッド 168円
12 ジェル 0.5ミリ エメラルドグリーン 168円
13 ジェル 0.5ミリ セピア 168円
14 ジェル 0.5ミリ ボルドー 168円
15 ジェル 0.5ミリ エバーグリーン 168円
16 ジェル 0.5ミリ ブルーブラック 168円
17 ジェル 0.7ミリ 蛍光マゼンタ 168円

 なお、ゼブラではシャーボ発売30周年を記念して、ブランドロゴをリニューアルした。現シャーボロゴの印象を継承しつつ、新シャーボの「合理的」「知性」などのキーワードをイメージ。シャーボの基本機能である回転時の「しっくりとした作動感」を「“O”のデザインで表現した」という。

st_zeb03.jpg 左が旧デザインのロゴ。新デザインでは、「合理的」「知性」などのキーワードをイメージした

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ