ニュース
» 2007年03月06日 12時00分 UPDATE

カマタ式「極楽文具」:インデックスシートとクリアポケットで、デジカメ写真整理術

デジカメ画像はすべてPCの中に入れておければ検索しやすいが、プリントした写真としても保存しておきたい。インデックスシートとクリアポケットを使って整理してみよう。

[カマタスエコ,ITmedia]

 今まで意識していなかったが、年間1万5000〜2万枚ほどの写真を撮っていた。すべてPCの中に入れておければ検索しやすいが、プリントした写真としても保存しておきたい。さて、どう整理したら探しやすいのか?

 かなりの量になるので、次のような方針を考えた。

  1. 保存するファイルの大きさはA4
  2. 写真用光沢紙にプリントアウトしたインデックスシートとデータを保存したCD-Rを一緒に収納
  3. 保存性を考え、厚口のクリアポケットを使用
  4. 整理に時間を取られることなく、また後で見返したときに探しやすいこと
  5. 厚口のクリヤーポケットに、外付けCD-R用ポケットがついていれば理想

 いくつかの文房具店に足を運んだり、インターネット上の情報を集めたが、5のような製品は見つからなかった。イメージとしては、キングジムが発売している「取扱説明書ファイル 差し替え式」の追加ポケットがこれに近いが、残念ながら透明度が低く、マチがあるために断念。また、リヒトラブでクリアホルダーにCD用ポケットが付いたものを見つけたが、あくまでもクリアポケットにこだわりたいので、こちらも見送った。

 簡単に見つかりそうだと思っていたが、需要は少ないのか、あるいは潜在的な需要があるにも関わらず、どこかでくすぶっているのか。これだけデジカメが普及しても、あまり現像する人がいないのであろうか、写真の保存用品に関してはまだまだこれからのように思えた。

 とはいっても、理想の製品が発売されるまで待っていたのでは、現像した写真が増えすぎてしまう。あきらめて、1〜4を満たす条件で揃えることにした。とりあえず2006年の写真から保存を開始。筆者のPCに付属してあった画像管理ソフトでCD-Rの容量ほぼいっぱいまで保存した後、インデックスシートをプリントアウトする。これの繰り返しである。

 時系列なので後で探しやすいはずだし、何月何日に撮影したかは、ブログを見ればほぼ分かる。自分のブログを検索して絞り込んでいく方法だ。インデックスシートにはタイトルも入っているので、微妙に違う数枚の中から1枚を選ぶときにも間違いが起きにくい。何よりも、「あの画像はどのCDに入っているか」がすぐ分かるのがいい。問題は、インデックスシートのサムネイル画像は横に何枚並べるかだ。サムネイルを大きくすれば細部まで確認できるが、結局インデックスシート自体は枚数が多くなってしまって一覧性が損なわれる。いろいろと試してみた結果、筆者の場合は横7コマがちょうどよかった。

st_kama1335.jpg インデックスシートは横7コマ。9列なので、1シート63コマが並ぶ。1コマは切って1枚ぐらいの大きさなので、判断しやすい
st_kama1334.jpg 1枚のCD-Rに収めた分のインデックスシートの最後のページにデータも保存。ポケットがあれば理想だったが、今のところこれで問題はない

st_kama1333.jpg シンプルで丈夫使なところが気に入って、クリアファイル(固定式)もこれで統一してある

 今まで使っていたプラスの「4リングバインダ」に、リヒトラブの「厚口クリヤーポケット」をセット。その中にインデックスシートを入れてみた。厚口クリヤーポケットは、一般的なクリアポケットのフィルムの厚さが0.06ミリなのに対し、これは2倍の0.12ミリ。ポケットの1つ1つがしっかりしているので、安心感があるのだ。入り口部分(パンチの側)が広く開けるようになっており、出し入れがスムーズに行える。

 ただ、厚口クリヤーポケットを利用すると、通常は100枚程度まで収納できる4穴リングバインダでは50枚が限度のようだ。とはいえ、写真を入れたクリアポケットはそれなりに重いため、仮に50枚以上入れられたとしても、使いにくいだろうと思われる。

 この方式でいけるというめどがついたので、ファイルを1箱(10冊)、厚口クリヤーポケットも200枚注文した。ファイリングするときには一気にやらないと、なかなか進まない。10冊あれば遡って整理できるし、数年は大丈夫だろうと思う。

製品 価格 発売元
4リングバインダー 1102円 プラス
厚口クリヤーポケット(20枚入り) オープン価格(実売600円程度) リヒトラブ

筆者プロフィール カマタスエコ

 横浜生まれ、東京育ち。コピーライター、フォトエッセイストにして料理研究家。設計技師の父の影響で、小さい頃から製図道具に囲まれる生活だった。そんなDNAからか、筆記用具をはじめとした文房具に詳しい。ブログは「カマタスエコのブログ」。同じく運営するWebサイト「電脳カマタ食堂」は「信毎ホームページ大賞2006」のライフ/情報部門の優秀賞を受賞している

追悼 カマタスエコさん

Biz.IDの人気連載、カマタ式「極楽文具」の筆者であるカマタスエコさんが、2月28日に亡くなりました。コピーライター、フォトエッセイスト、そして料理研究家として、ご活躍の真っ最中の急逝でした。本連載でも今回の「デジカメ写真整理術」が遺稿となってしまったことが残念でなりません。編集部一同、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -