ニュース
» 2007年03月26日 10時13分 UPDATE

3分LifeHacking:外出中の離席時に荷物の盗難を防止する

移動中の新幹線の中や会議室など、荷物を置いたまましばらく席を外したいということがある。防犯のためには携帯用のセキュリティワイヤーを使おう。

[kizuki,ITmedia]

 移動中の新幹線などの中、また喫茶店やセミナーの会場などで、荷物を置いたままほんの少し席を外したいことがある。トイレに行くためだけだったり、一服するためだったり。時間にすると最短1分、長くて5分といったところだろうか。

 だが、ほんの短い時間であっても、所持品の盗難の危険性がある。筆者の知人も、特急列車でトイレに行った間に、窓際に置いていた携帯プレーヤーをあっさりと盗まれてしまった。

 窓際に無防備に置いていた本人の不注意もあるとはいえ、席は指定席、しかもわずか1〜2分の出来事である。「ちょっとぐらい大丈夫だろう」と判断した彼の気持ちも十分に理解できる。おそらく世間には、荷物や機器の種類を問わず、同じような目に遭った人がたくさんおられることだろう。

st_tn01.jpg 携帯用セキュリティワイヤー。手のひらサイズだ

 そんな経験を聞いたこともあって、筆者が最近使い始めたのは、携帯用のセキュリティワイヤーである。ちょっと席から離れる際は、このワイヤーを手近な机やイスなどに通し、荷物を固定してしまうのだ。持ち運ぶことを前提に設計された製品で、カバンの中に常日頃入れておいても邪魔にならない。3ケタのダイヤル式で施錠でき、数字も自由に設定できる。

 喫茶店や会議室であれば、机の脚部やイスのヒジ当てなど、輪っか状になった部分を見付けてワイヤーを通し、荷物とまとめてロックしてしまえばよい。新幹線や特急列車であれば、座席前にある網のポケットにワイヤーを通してもいいだろう。短時間であれば十分役に立つ。ノートPC固定用の専用金具も付いているので、会議室でノートPCを置いたまま数分間席を離れる場合にも便利だ。

 このように汎用性も高く、ビジネスパーソンにとっては何かと使える製品である。「そこまでするか」と思うほど厳重に手回り品を管理しておいたほうが、何かと安心。嫌な世の中――だが、これもまた現実なのだ。

st_tn02.jpg 暗証番号は3ケタで、自由に設定できる
st_tn03.jpg ワイヤーを柱や机の脚などに通し、荷物の盗難を防止する

st_tn04.jpg ノートPCのセキュリティスロットに装着するアダプタも付属
st_tn05.jpg ノートPCの盗難防止にも役立つ。外出先での利用にピッタリだ

本日のレシピ
製品名 発売元 実売価格
BSQ-06 バッファロー 1880円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -