ニュース
» 2007年03月27日 14時24分 UPDATE

Adobe、Creative Suite 3を発表

Adobe Creative Suite 3ではモバイル開発とビデオ配信が中心、IntelベースMacにもフル対応する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは3月27日、「Adobe Creative Suite 3」製品ラインを発表した。

 Adobe Creative Suite 3ファミリーには、「Adobe Creative Suite 3 Design」「Adobe Creative Suite 3 Web」のPremiumエディションとStandardエディション、「Adobe Creative Suite 3 Production」「Adobe Creative Suite Master Collection」の6種類のスイートがある。

 Creative Suite 3 Designは印刷やWebなどのデザインに必要なツールを、Creative Suite 3 WebはWeb開発者向けツールを提供する。Creative Suite 3 Production Premiumはビデオ専門家向けのポストプロダクションソリューションで、Creative Suite 3 Master Collectionは印刷、Web、インタラクティブ、モバイル、ビデオ、映画など全メディアをカバーする。

 これらスイートは構成によってPhotoshop CS3、Photoshop CS3 Extended、InDesign CS3、Illustrator CS3、Flash CS3 Professional、Dreamweaver CS3、Adobe Premiere Pro CS3、After Effects CS3の一部あるいは全部を含む。

 Adobe Creative Suite 3ではモバイル開発とビデオ配信が中心になっているとAdobeは述べている。同社はFlashビデオ技術の台頭を挙げ、同スイートと同社のビデオ技術を組み合わせて、リッチなメディア体験を実現するのに利用できるとしている。さらに携帯機器向けコンテンツ開発の生産性を高める新しい共通コンポーネント「Adobe Device Central」も提供される。

 同製品はPowerPCおよびIntelベースMac、Windows XP、Windows Vistaに対応する。Creative Suite 3 DesignとCreative Suite 3 WebのPremiumおよびStandardエディションは2007年4月に、Creative Suite 3 Production PremiumとCreative Suite 3 Master Collectionは第3四半期に出荷開始される。Adobeサイトでのプレオーダー価格は以下の通り。

製品名 価格
Adobe Creative Suite 3 Design Premium 1799ドル
Standard 1199ドル
Adobe Creative Suite 3 Web Premium 1599ドル
Standard 999ドル
Adobe Creative Suite 3 Production Premium 1699ドル
Adobe Creative Suite 3 Master Collection 2499ドル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -