ニュース
» 2007年06月19日 12時11分 UPDATE

3分LifeHacking:デスク下にフットレストのススメ

足元が空いていると、どうしても荷物を置きたくなってしまう。ダンボールやらなにやらで雑然としている方も多いだろう。そんなときはフットレストを置いてみよう。荷物も置きにくくなるし、姿勢もよくなる。肩こりや腰痛にも効果があるかもしれない。

[kizuki,ITmedia]

 オフィスの机の下に、荷物を入れたダンボールを置いている人は多いだろう。個人に割り当てられたロッカーやキャビネットがいっぱいで足元に置かざるを得なくなった人、机上の書類を一時的に置いたつもりだったのに定位置化してしまった人など、動機は人それぞれだと思われる。通路をふさいだり、隣の人のスペースを侵食したくないがために、机の下にそれらのモノをまとめておいてしまうのは、自然といえば自然な行動だ。

 仕事の効率化のためにも身の回りは整理整頓しておきたい(4月23日の記事参照)。ダンボールなどを雑然とデスク下に置いておくなんてことは避けたいわけだ。それに、本来足を伸ばすべきエリアに荷物を置いてしまった結果、不自然な格好でデスクワークをする羽目になり、結果的に肩凝りや腰痛を招いてしまうケースもあるという。

 デスク下の空きスペースに置いておくなら、フットレストをオススメしたい。デスクの下に置けば、荷物を置いてしまいそうなスペースをつぶせる上に、足を乗せるポジションを確保することができるため、座る姿勢が良くなる。結果的に肩こりや腰痛の解消にも役立ちそうだ。

 このフットレストという製品、PCサプライやオフィス家具メーカーのカタログなどではよく見かける。筆者が使い始めた当初は“邪魔”に感じたが、足首をヘンに伸ばしたり曲げたりするのではなく、一定の角度をキープできると腰痛にもいいらしい。結果的に、机の前に長時間座っているのが苦でなくなるなど、書きモノが快適にできるようになってきた。

st_fr01.jpg 製品本体。幅が45センチと広く、体格の大きい人に向いている
st_fr02.jpg 足置き台の表面は滑り止め構造になっている

st_fr03.jpg 側面から見たところ。足置き台は水平状態まで調節が可能だ
st_fr04.jpg 実際の利用シーン。ケーブルを踏まなくなるという利点もある

 フットレストを設置したからといって、荷物が自動的に片付くというわけではないが、足元にモノを置かないクセをつける動機付けとしては非常に有効だ。足元のケーブルを踏まなくて済むようになるという隠れたメリットもあるので、足元に置いてあった電源タップをひっかけて事故を招いた経験のある人にも向いているだろう。

製品名 価格 発売元
ERGO PLUS FOOTREST(FR003) 1980円 サンワサプライ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -