ニュース
» 2007年08月02日 10時19分 UPDATE

3分LifeHacking:意外なLifeHackを見つける“つの方法”

今日もなにかLifeHackネタはないかな……とネット上を徘徊する読者は少なくないだろう。意外なLifeHack系の記事やブログのエントリを効率よく探すには どうしたらいいだろうか?

[ITmedia]

 ネット上では、さまざまなLifeHackが日々、多くの人の手によって生み出されている。このBiz.IDももちろんその一つではあるのだが、意外なLifeHackに「出会う」ためにはどうしたらいいだろうか。

 もちろん有名なブログや、はてなブックマークなどのソーシャルブックマークサイトをチェックするのも1つの手だ。だが、そこで見つかるのは、誰もが知っているものになりがちになってしまう。意外なLifeHackに出会うには、もっと違う方法も試すべきだろう。

「つの方法」「つの理由」

ks_tunohouhou.jpg

 Googleによる検索のスタイルが確立し始めたころ、言葉の辞書的な意味を調べるTipsとして「〜〜とは」という検索方法が流行したことがある。今ではごく普通の技だが、なにか分からない事柄を調べるときに、文章では「〜〜とは、○○のことであり……」という具合に記述されることが多いのを逆手に取った、検索エンジン時代ならではのHackである。

 今回は、この応用技である。近年のLifeHack系の記事で多いのが「〜〜するための4つの方法」「〜〜してしまう8つの理由」といったタイトルづけだ。そこで、「つの方法」や「つの理由」で検索をしてしまえば、数多あるLifeHackたちが網羅されるということになる。

 これだけでも意外なHackがゴロゴロと出てくるが、より詳しく自分の知りたい領域がある場合は、検索を組み合わせてあげればいい。「長持ち + つの方法」とか、「使わない + つの理由」とするのだ。そのものずばりのタイトルのHackはもちろん、似たようなニュアンスの記事がうまいことヒットしてくれる。

 自分のHackを公開するブロガーも、この「つの方法」「つの理由」を使うことで意識的にHackネタを打ち出す傾向にあるため、関係のない記事を排除しながら、意外なHackに出会える確率が上がるだろう。

いくつの方法が多い?

 ちなみに、いくつの方法が多いのだろうか。Googleのヒット数で調べてみた。「つの方法」だと、2つが一番多く、次いで3つ、1つの順番だった。一方「つの理由」だと、3つが圧倒的に多く、次いで5つ、2つの順番だ。さすがに8つ9つと並んだものは少ないので、ブログを書く際には8つ9つと並べることに挑戦するのもいいだろう。大変だが、その分、目立つかもしれない。

本日のレシピ
目的 操作
意外なライフハックを見つける Google、Yahoo!などの検索エンジンで「つの方法」「つの理由」で検索してみる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ