ニュース
» 2007年09月13日 23時59分 UPDATE

3分LifeHacking:ブラウザやOfficeソフトを[F5]で便利に使う

[F5]キーと言えば、Webブラウザの「ページの更新」機能が有名だ。実は[F5]キーをほかのキーと組み合わせるといろいろな機能を利用できるのだ。

[鷹木創,ITmedia]

 [F5]キーと言えば、Internet ExplorerやFirefoxでは「ページの更新」を行ってくれる。実は[F5]キーをほかのキーと組み合わせるといろいろな機能を利用できるのだ。

ブラウザの場合

 Webブラウザであれば、キャッシュを無視して更新する「スーパーリロード」が有名だ。Internet ExplorerとFirefoxともに[Ctrl]+[F5]を押してみよう。キャッシュに残った古い情報を再度読み込むことを防げるので、更新頻度が高いニュースサイトなどで利用するといいだろう。[F5]も[Ctrl]+[F5]も濫用すると、Webサーバへの負担にもなる。「F5アタック」は避けてほしい。

PowerPointの場合

st_f501.jpg [Shift]+[F5]のほか、画面左下のスライドショーアイコンをクリックしてもそのページからスライドショーを実行できる。

 プレゼンテーションを多用する人にとって[F5]キーは「スライドショーの実行」で馴染み深い。PowerPointの場合、[F5]でスライドショーを実行すると常に先頭のスライドから実行する。最初から確認できるのはある意味便利なのだが、いま確認しているページをスライド表示させたいこともあるだろう。

 その場合は確認したいページを選択しながら、[Shift]+[F5]である。もしくは画面左下のスライドショーアイコンをクリックしても実行可能だ。なお、OpenOffice.orgのプレゼン作成ソフト「Impress」でも[F5]キーが「スライドショーの実行」に該当する。こちらは[F5]をクリックすると、選択しているページからスライドショーを開始する。

Word/Excelの場合

 WordやExcelでの[F5]キーは、単体で任意の位置へのジャンプする機能が利用できる。組み合わせての利用はWordが便利だ。[Shift]+[F5]で「直前の編集位置に移動」したり、[Ctrl/Alt]+[F5]でウィンドウの大きさを「元のサイズに戻」したり、[Shift]+[Ctrl]+[F5]で「ブックマークを挿入」したりすることが可能だ。バリエーション豊富で覚え切れないかもしれないが、ウィンドウ下部にショートカットの名称が表示されているので、確かめながら利用してみるといいだろう。

 Excelでは、[Shift]+[F5]で「[検索と置換]ダイアログボックスを表示する」ほか、[Ctrl]+[F5]で「選択したブックウィンドウを元のサイズに戻す」ことが可能だ。ちなみにOpenOffice.orgの「Writer」や「Calc」では[F5]キーを単体で押すと、カーソルの位置などを表示する「ナビゲータ」ウィンドウが開くが、[F5]キーを組み合わせて使用するショートカットは確認できなかった。

st_f502.jpg Wordではウィンドウ下部に各ファンクションキーの機能を表示する。迷ったときは下を見よう
st_f503.jpg OpenOffice.orgの「Writer」や「Calc」では[F5]キーを単体で押すと、カーソルの位置などを表示する「ナビゲータ」ウィンドウが開く

本日のレシピ
アプリケーション [F5]に組み合わせるキー 機能
Internet Explorer 7 [Ctrl] スーパーリロード
Firefox 2
PowerPoint 2003/2007 [Shift] 選択したページからスライドショーの実行
Word 2003 [Shift]
[Ctrl/Alt]
[Shift]+[Ctrl]
直前の編集位置に移動
ウィンドウの大きさを元のサイズに戻す
ブックマークを挿入する
Excel 2003/2007 [Shift]
[Ctrl]
[検索と置換]ダイアログボックスを表示する
ブックウィンドウを元のサイズに戻す

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -