ニュース
» 2008年05月16日 22時29分 UPDATE

仕事耕具:自動両面印刷のA3プリンタ、HPからインクジェット4機種

日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス向けインクジェットプリンタの新製品4機種を5月16日から順次発売する。

[杉本吏,ITmedia]

 日本HPは、ビジネス向けインクジェットプリンタの新製品4機種を5月16日から順次発売する。4機種中3機種に自動両面印刷機能を搭載し、印刷速度も向上した。

ts_k8600dn.jpgts_l7590.jpg

ts_j6480.jpgts_h470.jpg

大量印刷に適したA3対応「K8600dn」

 「Officejet Pro K8600dn」はA3対応カラープリンタで、Officejet Proシリーズ「K850dn」の後継機。印刷速度(毎分モノクロ35枚、カラー35枚)は前機種(モノクロ24枚、カラー21枚)から大幅に向上し、給紙枚数も100枚増加して250枚になった。オフィスでの大量印刷に適している。また、大容量の4色独立インクカートリッジを使用できるようになったため、オフィスでのプリンティングコストを削減できるという。5月16日発売で、価格は3万9900円。

複合機――ADF搭載の「L7590」、無線LAN対応で2万円以下「J6480」

 「Officejet Pro L7590 All-in-One」はビジネス向けA4対応カラー複合機のハイエンドモデル。自動両面印刷ユニットと、両面スキャン可能な50枚対応のADF(Auto Document Feeder)を搭載している。スキャンした原稿はPDF、JPEG形式で、本体から直接メモリカードやUSBメモリに保存することが可能だ。6月上旬発売で、価格は3万4860円。

 「Officejet J6480 All-in-One」は、2万円を切る低価格で自動両面印刷が可能なカラー複合機。、無線LANにも対応している。476×473×258ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さ8.6キロのコンパクトなモデルで、連続コピー、スキャン、ファクス機能を備える。5月下旬発売で、価格は1万9950円。

カラーが切れてもモノクロで――モバイル用「H470」

 「Officejet H470」は、340.2×163.8×80.5ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さ2.09キロのコンパクトなモバイルカラープリンタ。デスクトッププリンタと共通の大容量インクを採用し、カラー/モノクロのいずれかがインク切れしても片方のプリントカートリッジだけで印刷を継続できる「インクバックアップ機能」を搭載している。外出先で使用する場合には、オプションのバッテリが必要。5月16日発売で1万9950円。

機種 印刷速度
(A4、毎分)
給紙枚数 自動両面 サイズ
(幅×奥行き×高さ)
重さ 発売 価格
K8600dn モノクロ35枚
カラー35枚
250枚 610×500×223ミリ 14.3キロ 5月16日 3万9900円
L7590 モノクロ35枚
カラー34枚
250枚 525×466×356ミリ 15.54キロ 6月上旬 3万4860円
J6480 モノクロ31枚
カラー25枚
250枚 476×473×258ミリ 8.6キロ 5月下旬 1万9950円
H470 モノクロ22枚
カラー18枚
50枚 × 340.2×164.8×80.5ミリ 2.09キロ 5月16日 1万9950円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ