ニュース
» 2008年06月16日 10時11分 UPDATE

3分LifeHacking:製品カタログを上手にファイリングする

製品カタログのような、リングファイルやクリアファイルに閉じにくい冊子を保管するのに役立つグッズを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 メーカーが発行する製品カタログは、製品購入にあたっての検討用資料として欠かせない存在だ。インターネット全盛の今日でも、製品の詳細なスペックを確認したり、複数の機種を比較したりする場合に、一覧性の高い紙の製品カタログは重宝する。

 これら製品カタログは、品定めが完了するとともに廃棄することが多いと思われるが、中には大事に取っておくというユーザーも存在する。だが、リングファイルに閉じようとするとカタログ本体に穴を開けなくてはいけないし、クリアファイルに入れるには厚みがありすぎて対応できない。また、閉じる順番をがっちり決めてファイリングしてしまうと、後日取り出して参照したくなった際、その号だけを取り出すのは非常に面倒だ。

 こうした場合に便利なのが、キングジムが発売している説明書ファイルだ。はPC周辺機器やAV製品などの取扱説明書一式を保管するための専用ファイルだが、そこそこ厚手の冊子を保管するというコンセプトは、製品カタログの保管にはぴったりである。クリアポケットに収納して立てるだけという仕組みなので、随時取り出して参照したり、順番を入れ替えて収納したりするといったことが自在に行える。

st_fb01.jpg 取扱説明書ファイル。一般的なファイルタイプの製品はよく見かけるが、今回紹介するのは写真のようなボックスタイプ
st_fb02.jpg 同梱のクリアファイルに入れて収納するだけの手軽さ。カタログ本体に穴を開けるといった必要はない上、見出しをつけたり、順番を入れ替えたりすることも可能だ

st_fb03.jpg 同梱のクリアファイル。紙の厚さにもよるが、100ページ程度の中綴じカタログが収納できる。ちなみに、CDメディアを収納するポケットも付属している
st_fb04.jpg カラーボックスや書庫にそのまま収納できる。取り出しも容易だ

 特に、今回紹介するボックスタイプであれば、ロッカーや書棚への収納に非常に適している。個人的に保存する場合をはじめ、自社および競合他社のカタログを残しておくといったビジネスユースにおいても重宝する。“チョイ厚”カタログの保管に頭を悩ませている読者諸兄は、試してみてはいかがだろうか。

本日のレシピ
製品名 価格 発売元
取扱説明書ファイル ボックスタイプ 1575円 キングジム

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -