ニュース
» 2008年06月24日 12時47分 UPDATE

インストーラで手軽に導入 ネオジャパンの社内SNS「desknet's SNS」

ネオジャパンは、社内の情報共有、コミュニケーション活性化のための社内SNS「desknet's SNS」を販売開始した。スピーディーな導入が可能で、コストパフォーマンスも高いという。

[杉本吏,ITmedia]

 ネオジャパンは6月24日、社内SNSのパッケージシステム「desknet's SNS」の販売を開始した。サーバOSはWindowsとLinux、クライアント環境はWindows XP/Vista、Internet Explorer 6/7、Firefox 2.0.0.14、Opera 9.5で利用できる。携帯からの利用もでき、NTTドコモ、ソフトバンク、auの主要3キャリアに対応している。価格は100ユーザーライセンスで31万5000円。9月30日まではキャンペーン価格で、100ユーザーライセンスを10万4790円で提供するとしている。

ts_neojapan.jpgts_neojapan2.jpg (左)ログイン後のユーザートップ画面。画面右部のRSSフィードは、ユーザーが自分で設定可能だ
(右)管理者の設定トップ画面。グループウェア「desknet's」のユーザーであれば、ユーザーとグループを一括でインポート/エクスポートできる

 desknet's SNSは、Webベースのグループウェア「desknet's」などで知られるネオジャパンが開発した社内SNS。コンサルティングの細かい手間を省いたことでスピーディーに社内SNSを構築でき、コストパフォーマンスが高い点が特徴だという。

 日記やコミュニティでのトピック作成など一般的なSNSの機能に加え、ユーザーの入会方法やマイページへのRSSフィードなど詳細な設定が可能だ。このほか、ユーザーに人気の日記・トピックランキングの表示、アクセス数のレポート集計など、「書き手のモチベーションを高めるようなユーザーインタフェースを目指した」(ネオジャパン)。

 導入の手軽さも特徴の1つで、管理者がWebサーバにソフトをダウンロードし、インストーラからサーバ、データベース、スクリプト言語などの環境設定をすれば、すぐに運用が開始できる。なお、製品サイトからダウンロードできる無料体験版で、60日間のテスト運用が可能。

 デザインやユーザー参加方法、プロフィール項目なども細かく設定できるため、コンサルティング費用やカスタマイズ費用を抑えられるという。また、細かいヒアリングや仕様書、契約書の作成などの手間がかからないため、管理者の負担も軽減できるとしている。

動作環境 Windows版 Linux版
サーバOS Windows XP Professional/Server 2003 RedHat Linux ES 4/5、CentOS 5.1
Webサーバ Internet Information Server 5(XP)、Internet Information Server 6(Server 2003)、Apache for Win32(1.3.41、2.0.63) Apache(1.3.41、2.0.63)
データベース PostgreSQL 8.1.4
PHP PHP 5.1.4

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -