ニュース
» 2008年07月24日 15時17分 UPDATE

仕事耕具:コクヨがA6サイズの「文庫本ノート」、しおりで検索性向上

コクヨS&Tは、文庫本サイズのノートを発売する。目次として使えるインデックススペースや、ページごとの見出し罫、実物の文庫本同様にひもの「しおり」も付けて検索性を追及したという。

[鷹木創,ITmedia]

 コクヨS&Tは、文庫本(A6)サイズのノート「文庫本ノートシリーズ」を9月10日に発売する。8種類で価格はいずれも283円。

st_ko01.jpg

 表紙カバーの折り返し部分には目次として使えるインデックススペースを配置。ページごとにも左右両端に見出し罫を印刷したほか、実物の文庫本同様にひもの「しおり」も付けて検索性を追及したという。書き込みしやすくするために、ページを簡単に開ける無線とじを採用。キャンパスノートと同じ上質紙を使っており、にじまず、裏写りもしにくい仕様となっている。ノート本体の傷みや汚れを防ぐために表紙にはカバーを付けた。

 カバーデザインは、「Basic:ベーシック」「Casual:カジュアル」「Natural:ナチュラル」の3タイプ。それぞれ横罫か無地の2タイプを用意した。なお、Basicはブルー(横罫)、シルバー(横罫)、ブラック(無地)、レッド(無地)のカラーバリエーションとなる。本体サイズは148×105×7ミリ(縦×横×背幅)。ページ枚数は70枚。

 「文庫本のサイズは、手のひらサイズで持ちやすく携帯性に優れ、ノートに必要な筆記のしやすさも備えている。読み返すのに便利で、検索性も高い」(コクヨ)。文庫本サイズを採用した文庫本ノートシリーズも「読みやすさ」「持ち運びやすさ」を兼ね備えたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -