ニュース
» 2008年08月01日 20時30分 UPDATE

フェンリル、Sleipnirの新版を公開 Mac OS X風のスキンも

Webブラウザ「Sleipnir」の最新バージョンでは、タイトルバーや最小化/最大化ボタンなど、ブラウザの外観すべてにスキンを適用できるようになった。また、タブを閉じる際の動作や履歴パネルの表示方法など、細かい設定にも対応した。

[杉本吏,ITmedia]

 フェンリルは7月31日、同社が提供するWebブラウザの最新版「Sleipnir 2.8」を公開した。フレーム部分や最小化/最大化ボタンなど、Sleipnirの外観すべてにスキンを適用できるようになったほか、タブを閉じる際の動作や履歴パネルの表示も細かく設定可能になった。

ts_siro.jpgts_kuro.jpg Mac OS X用のテーマを移植したスキン「Siro」と「Kuro」。フレーム部分やシステムボタンにもスキンが適用される

 新たに「フレームスキン機能」を実装し、タイトルバーなどのフレーム部分や、最小化/最大化/閉じるボタンなどにもスキンが適用できるようになった。またこれに伴い、グラフィックデザイナーであるDaisuke Yamashita氏がデザインしたMac OS X用テーマ「Siro」「Kuro」をSleipnir用に移植したスキンも公開した。

ts_390.jpg 履歴パネルのツールチップに、Webサイトのタイトルやアドレスを表示する

 機能面では、6月28日に実施した「第2回フェンリルユーザーミーティング」においてユーザーから要望があった機能などを追加。履歴パネルで、ツールチップにWebサイトのタイトルとアドレスを表示したり、マウスボタンを離したときにタブを閉じたりといった細かい設定が可能になった。

関連キーワード

Sleipnir | ブラウザ | Mac OS X | タブ | デザイン | 乗り換え


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ