連載
» 2008年12月08日 18時30分 UPDATE

3分で読める! 隣のヤツより成果を出す勉強術:『ショーシャンクの空に』に学ぶ、成果を生み出す行動決定法 (1/4)

「具体的な成果をイメージし、実現のための勉強をせよ」――と、言うのは簡単ですが、実行して成果を生み出すのは大変。どうやったら成果を生み出す行動ができるのでしょうか。

[水野浩志,ITmedia]

 前回、社会人の勉強と受験勉強との違いをお話しました。簡単に要約すると、「学生時代と同じ勉強法では、社会人としての成果は生み出せない。具体的な成果をイメージし、実現のための勉強をせよ」ということです。

 言われてみれば当たり前ですが、こうした勉強法を具体的に実践できている人は意外と少ないのではないでしょうか。筆者の実施する企業研修セミナーでも、そうした明確な考えを持っている人はほとんどいません。問題を解決して成果を生み出すために、具体的に何をしたらよいのか、ということをきちんと洗い出せる人は、ひと握りなのです。

 その理由は、

  • 成果を生み出す人間が行う、きわめてシンプルな考え方

 を知らないからだと、私は推測しています。

  1. 成果を生み出す原理
  2. 成果を生み出す行動決定法
  3. 『ショーシャンクの空に』に学ぶ行動決定法
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -