ニュース
» 2008年12月10日 16時15分 UPDATE

トリプルエンジンの「Lunascape 5.0 α3」 ツールバーのカスタマイズ性を向上

Lunascapeは、提供するWebブラウザの最新版「Lunascape 5.0 α3」を公開した。ツールバーのカスタマイズ性を向上し、ボタン配置を変更したり、複数ボタンのジョイントが可能になった。

[杉本吏,ITmedia]

 Lunascapeは12月10日、提供するWebブラウザの最新版「Lunascape 5.0 α3」を公開した。ツールバーのカスタマイズ性を向上し、ボタン配置を変更したり、複数ボタンのジョイントが可能になった。搭載する描画エンジン「WebKit」もリビジョン38928に更新している。

ts_luna1.jpg

 Lunascape 5.0は、HTMLの描画エンジンとして、Internet Explorerなどに搭載されている「Trident」、Firefoxなどに搭載されている「Gecko」、SafariやGoogle Chromeに搭載されている「WebKit」の3つを搭載しているWebブラウザ。

 Lunascapeによれば、Tridentで表示することを想定したWebページ数が最も多く、GeckoはJavaScriptの処理が、WebKitは画像などの描画が高速だという。ユーザーはタブのコンテキストメニューやステータスバーから描画エンジンを切り替えられ、特定のページを毎回同じエンジンで開くような設定もできる。

 最新版のα3では、スキン機能を強化してツールバーのカスタマイズ性を向上。好みに応じて、ボタン配置を変更したり、複数ボタンのジョイントが可能になった。搭載するWebKitもリビジョン38928に更新し、Web標準への準拠度を測定するテスト「Acid3」では100点満点中97点を記録している。

ts_luna2.jpg ツールバーのボタンのレイアウト変更など、カスタマイズ性を向上。画像は新スキン「クール」を採用したもの

 このほか、これまではSafariなどのWebkit搭載ブラウザで利用できた、ページ要素の詳細を表示するユーティリティ「Web Inspector」を独自に日本語化した。また、iGoogleやLivedoorメールなどSSLページが開けないことがあった不具合を修正し、Firefox 3のブックマークインポート機能などにも対応した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -