ニュース
» 2009年01月29日 20時42分 UPDATE

PC5台までインストールできる「StarSuite」がMac OSに対応

ジャングルは、ワープロ/表計算/プレゼンテーション/データベース/ドローの5製品を1パッケージにしたオフィススイートの最新版「StarSuite 9」を発売する。Windows/Linuxに加え、新たにMac OSにも対応した。

[杉本吏,ITmedia]

 ジャングルは、ワープロ/表計算/プレゼンテーション/データベース/ドローの5製品を1パッケージにしたオフィススイートの最新版「StarSuite 9」を2月19日に発売する。5台までのPCにインストールでき、価格は5980円。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Linux Kernel バージョン2.4以降に加え、新たにMac OS X 10.4以降でも使用できるようになった。

ts_ss1.jpgts_ss2.jpg ワープロソフト「Writer」(左)、表計算ソフト「Calc」

ts_ss3.jpgts_ss4.jpg プレゼンテーションソフト「Impress」(左)、データベースソフト「Base」(右)

ts_ss5.jpgts_ss6.jpg 図形描画ソフト「Draw」

 「StarSuite」は、米Sun Microsystemsが開発したオフィススイート。Word/Excel/PowerPoint(Office 2000/XP/2003)と互換性を持ち、最大で5台までのPCにインストールできる。

 バージョン9では、新たにMac OSに対応。プレゼンテーションソフト「Impress」が発表者用/視聴者用スライドの2画面表示機能を搭載し、図形描画ソフト「Draw」がPDFを直接編集できるプラグインに対応するなど、機能や拡張性を強化した。また、ファイルをPDFにエクスポートする際に、編集可能なODF(Open Document Format)形式で保存できる「ハイブリッドPDF」機能にも対応した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ